投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


蕎麦

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 9月 1日(土)16時39分4秒
  稲様、確かに、油ものの天ぷらと素の味の蕎麦は異質なものの組み合わせですね。

私自身は、蕎麦自体にあまり重きを置いていないので、深く考えたことありませんね。

でも、私が知っている蕎麦の本場長野の人達も、蕎麦に関して東京人が言うほどこだわりが無い気がします(「蕎麦なんか、特別の外食の対象でなく、自宅でただ作って食べるもの」と)。

写真、本日朝(小雨)の蓼科の稲田と蕎麦畑。久し振りに、東京に戻ってきました。
 

蕎麦屋の天ぷら

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 1日(土)10時00分24秒
  前から、とても疑問だったのですが、せっかくおいしい香り高い「そば」を食べに来たのに、お店を入ったとたん、あの天ぷら油の強い香り(それも大体ゴマ油)がして来て、微妙な新そばの香りも何も分かりにくくなっているとは!
一体どうなっているんだろうか?と感ぜずにはおれません。
ですから、「天ぷらそば」は、立ち食いでしか食べません。(それも「かき揚げ」の安いやつ)
しかし、「天ぷらうどん」は、大好きで、また大賛成です。
 

夏、ラーメン

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月29日(水)17時39分32秒
編集済
  諏訪には、王道のラーメン屋「一風堂」の支店がしっかり存在していますが、焼き味噌ラーメンで有名な「蔵人」も健在です。

一方、あまり知られていないのが、地元で人気の変わり種「ハルピン・ラーメン」。
中華風のコク深いピリ辛スープが、妙に後をひく、不思議な美味具合のラーメンです。
昨日昼食は、久し振りにハルピン。これで、650円は、かなりReasonableです。

一風堂(写真2・3枚目)は、スマートなるも王道過ぎるか?


 

タチアカネの赤色

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月28日(火)08時35分45秒
編集済
  比較に、昨年の青木村で撮影の赤色のタチアカネの風景(9月)、下記。

今年も同じPointで撮影しましたが、タチアカネは、稲の休懇田に毎年ローテーション、違う所に植えるものらしい。

由って、タチアカネの風景は、毎年変わるものと(基本、稲が優先)、初めて知りました。
 

タチアカネの青木村

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月27日(月)16時31分32秒
編集済
  稲様、しつこく暑さが戻っているようで、我々には堪えますね。
御自愛、御自愛。

今日は、青木村に育つ希少品種の蕎麦「タチアカネ」の花を確かめにドライブ。
結果、収穫は9月中旬ということで、花も新蕎麦もまだまだ(写真3枚目)。

でも、畑の中に建つ鄙びた蕎麦屋で、腰の強いタチアカネに、しっかり舌鼓を打ちました。
モリで、スイーツもついて、650円。

青木村の田園風景も堪能。
 

灼熱の河川敷ゴルフ

 投稿者:  投稿日:2018年 8月27日(月)16時00分6秒
  ただ今、帰って来ました。
やはり、こう言う日は家が一番ですねー。
午前中は、何とかプレーを終えたのですが、午後は本当に危険ゾーンでした。(最終ホールは、息も絶え絶えでした。)
スコアは、みんなまあまあでしたが、帰りの車の「外気温度」が、一時42°を示していました。
恐ろしいーです。
 

山の小さな花

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月27日(月)07時59分2秒
編集済
  蓼科も少し暑さが戻りました。  

吐竜の滝

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月26日(日)07時14分34秒
  久し振り、北杜市。  

8月の花火

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月25日(土)07時35分47秒
  彦根の花火。  

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月24日(金)08時42分6秒
  蓼科、今回の台風の影響は少な目。

蕎麦畑の花は、そろそろ咲き揃い出した様子。新蕎麦ももうすぐか、、、

昨晩は、住処近くに1週間ほど前に新たにオープンした焼肉屋で友人達と外食。

地元蓼科牛を一頭買いで供する本格派のお店。美味しいお肉でした。

 

山の天気

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月23日(木)17時09分55秒
  TVでは、ダブル台風の注意喚起で騒がしいが、蓼科の今日は午後まで晴れの天気(ゴルフ日和)。

昨日は、一日中快晴で陽がまぶしく、山里の風景が印象的。

田は、稲の穂が黄色くなりかけ、日々勢いを増している。
 

2237m

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月22日(水)07時56分53秒
  標高2237mの山頂、薄い空気に生息のトンボ。  

2237m

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月21日(火)07時51分52秒
  坪庭の草花  

夏の山

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月20日(月)09時13分28秒
編集済
  久し振りに住処の裏、北八ヶ岳ロープウェイに乗って、山麓駅から山頂へ(標高2237m)。

冬はスキー場(ピラタス)としても有名。

そこに広がる、ちょっと変わった風景の国定公園「坪庭自然園」を散策。
 

太巻き

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月19日(日)08時17分21秒
  稲様、太巻き、勿論、わたしも大好物。

で、確かに、太巻きはものによっては美味しくない、好みが分かれますね。

稲様のおっしゃる太巻き、正に、私が子供の頃母親が気合の入った日に作ってくれたのと同じ。

三つ葉は、重要。そして椎茸はMust。心に刻まれた懐かしのご馳走の味です。

わたしは少し日和って、今は、海鮮太巻きも好きになってます。

写真は、8月のトンボ。山は、もう肌寒くなりつつあります。
 

きつねうどんと太巻き

 投稿者:  投稿日:2018年 8月18日(土)12時22分42秒
  先輩様

私は、きつねうどんの時は「太巻き」が好みです。
昨日、セブンイレブンで「助六ずし」を買いました。
さすがセブンイレブンの太巻きは、GOOD!です。(コストパーフォーマンス最高?)
しかし、例の「いなりずし」は、私には何とかOKです。
(地方によっては、味付けを変えているのかも知れませんが)
海鮮等が豪華に入っている太巻きは、余り好きではなく、関西にごく普通にあるシンプルな物が大好きで、関東にはまず有りません。(「きつねうどん」と同じ)
この太巻きの具は、かんぴょうと、高野豆腐か白身魚のすり身が入った玉子焼き、及び三つ葉(これが重要)です。また、甘辛く煮た「椎茸」及び「キュウリ」まではOKです。
このシンプルで、香り高い絶妙のバランスが偉大です。
 

再び、孔雀草

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月18日(土)09時06分32秒
  再び、大門街道に自生の孔雀草を撮る。

2回目でも、陽の下に輝く黄色花の印象は強烈。

今年忽然と姿を現した群生の黄色一色、いと面白し。
 

うどん&いなり

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月17日(金)08時41分50秒
  稲様、いなり、私も好物。直七いなり、覚えておきます。

丸亀製麺で昼飯を食う時、必ず、いなりを一つ食べます。

きつねうどんを食べても、いなりは必須。これ、関西スタイル、ですね。

写真、これも八島湿原(紫色は、かのトリカブト)。
 

直七いなり

 投稿者:  投稿日:2018年 8月17日(金)06時08分14秒
  B級グルメが大好きな私が、近くのスーパー(ベルク)で「直七いなり」を買いました。(2回目)
キャッチ・フレーズには「高知特産の田熊すだちを使ったマイルドな酸味の爽やかないなり」とあり、全くその通りで、大変おいしかったです。
元来、こちら関東のいなりには、かなり不満(甘辛が強すぎて、またベトベトし過ぎ)があったのですが、やっと新種のまたあの高級スダチを使った物に出会うとは(それもスーパーで)何と幸いな事でした。
元々、私は「いなりずし」が大好物です。(本当においしい「太巻き」も)
 

八島湿原の草花

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 8月16日(木)16時23分14秒
  草花、いろいろ。  

/353