投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


有り難う御座いました。

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月22日(日)07時54分39秒
  感謝、感謝。

猛暑、お気をつけ下さい。
 

曙橋Back-In-Townでの定期ライブ

 投稿者:  投稿日:2018年 7月22日(日)01時08分38秒
  昨夜、来て頂いた全ての方々に、心より感謝をいたします。
ものすごい猛暑の中、中には遠路はるばる芦屋から来ていただいた方もおられて、本当に恐れ多い事でした。
お蔭様で、皆様といしょに本当に楽しいひと時を演奏する事が出来ました。
やはり、新曲が多いと言うのは、こちらもやりがいがあって、とても「ノリノリ」でした。

次回は、1月26日(土)です。
またのご来場をお待ちしています。
 

いよいよ、明日、ライブ

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月20日(金)07時54分55秒
  いよいよ、明日、曙橋Back-In-Townでの定期ライブ。

17時30分開場、18時30分開演です。

20曲あまり演奏します。うち新曲5曲。

ワクワク。
 

黄色花

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月19日(木)09時28分27秒
  車山ニッコウキスゲの群生に中に、たった1本だけ薄い黄色の花。

「変わり種か?」なんて言っていたら、傍にいたおじさんが「それは、ユウスゲよ。」と。

やっぱ、知る人ぞ知る、花の世界か。でも、1本だけとは、どうなっているのか、、、
 

ライブ

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月19日(木)08時46分8秒
  昨日は、クーラーと心中、終日部屋に閉じこもり。

健康に悪いなあと思いつつ、でも、この猛暑、止む無し。

本日、午後、最後の練習で新宿へ。命は大丈夫か?(^0^)
 

Back In Town ライブ

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月18日(水)08時17分59秒
  今回は、夏らしく、海や川にちなんだ歌を多く演る予定。  

気温

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月18日(水)08時04分38秒
  山から帰って来た東京は、暑し。

蓼科山里の田、朝の緑も力強かった。

 

自然

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月17日(火)07時36分48秒
  鹿に食い尽くされ、ほぼ消滅していた車山のニッコウキスゲが、今年、数年ぶりに完全復活。

びっくりしましたが、自然の力は恐ろしくもあり恵みをもたらすことも実感。
 

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月16日(月)08時00分33秒
  蓮の花は、ピンク色と思っていましたが、白もあると今回知りました。

花弁の右に蜘蛛の糸が写り込んでました。
 

蓮とスイレン

 投稿者:  投稿日:2018年 7月15日(日)16時11分56秒
  先輩様

分かりました。
詳しい解説を感謝します。
 

睡蓮と蓮

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月15日(日)16時00分56秒
  稲様、わたしも初め全く違いを認識してませんでした。

蓮は、極楽浄土の花と言われる通りのピンクの濃淡が綺麗な大ぶりの優しい花です。
蕾の色も印象的で観賞にたえます。

睡蓮は、色々な色彩の花の品種があり、花びらも尖がりめでシャープな形をしています。
モネの絵で有名ですな。ただ睡蓮の蕾は、全く美しくありません。

蓮は、長い茎の先に、水面から高めの所に花を咲かせますが、睡蓮は水面近くに花を咲かせます。
葉っぱも実は、丸い葉と切り込みがある葉の違いがあります。

わたしも何回か写真を撮って実際に眺めているうちに知識を得ました。
 

蓮とスイレン

 投稿者:  投稿日:2018年 7月15日(日)15時04分49秒
  えっ!、同じだと思っていました。
どう違うのですか?
 

井戸尻遺跡の睡蓮

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月15日(日)08時24分28秒
  井戸尻遺跡には、大賀蓮に加えスイレンの池もあり。

蓮とスイレンは意外と混同しやすいもの。
 

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月14日(土)13時54分47秒
編集済
  富士見町・井戸尻遺跡の大賀蓮、今朝。

夏の象徴花か、2000年を経て復活の種、らしい(見た目他のそれと変わらないが、、、)。
 

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月13日(金)15時29分42秒
  昨日、何とか練習をこなし選曲決定。結局、新曲は、5曲と相成りました。

来週もう1回の練習を経て、ライブ本番となります。

合間をぬって、わたくしめは、猛暑の東京を逃れ、蓼科でしばし山籠もり。

昼過ぎに着いた山は、さすが涼しいが、山里の稲穂の緑深く、夏らしい景色いっぱい。
 

21日ライブの準備

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月12日(木)07時49分5秒
  本日も、午後からバンド練習。

新曲も睨み、今回は珍しく多く練習をとってます。

果たして何曲をこなせるか、、、
 

伊良部島

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月10日(火)09時52分59秒
  宮古島から大橋で渡る伊良部島。

その伊良部の風景、海と繋がる”通り池”と宮古を展望台から見下ろす風景。

また近づいているらしい台風が心配。
 

明けて

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月 9日(月)09時28分20秒
  どんどん明らかになる被害の傷跡。ウーン、、、、

物悲し、一夜だけ咲く幻の”サガリバナ”@宮古。
 

宮古の海の中

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月 8日(日)17時10分36秒
  海の中が、常にかように静かでClearであればよいのですが。

自然の脅威の前には、人間は無力か。
 

ライブ準備

 投稿者:TUT心細男  投稿日:2018年 7月 6日(金)08時44分40秒
  昨日は、14時から17時過ぎまで、じっくり新曲対応の練習。

Back In Townライブは、Totalで22曲ほど演りますので、大変でもあります。

練習で、バラバラだったものを積み上げて曲を形作っていく過程が楽しいものであります。
 

/350