投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


いつもお世話をおかけいたします

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 4月23日(火)22時44分8秒
  橋本様、いつも会報の編集、印刷、発送のお世話をおかけいたしまして、すみません。感謝感謝です!

私は今月は人頭だけで歌舞伎座に入っていまして、舞台の出番はありませんでした。その分冷静に舞台を勉強することが出来ました。

来月はご招待いただきました講演、囲む会で多くの方とお会いできるのを楽しみにしています。
 

「嶋之亟だより第53号(会報通算第87号)」の発送

 投稿者:墨染会事務局 橋本  投稿日:2019年 4月22日(月)22時33分20秒
編集済
  会員の皆様へ

 会員の皆様にお健やかにお過ごしのこととお慶び申しあげます。いつも嶋之亟丈への温かいご支援・ご後援をいただきましてありがとうございます。厚くお礼申しあげます。

 本日、「嶋之亟だより(第53号)」(会報通算第87号)を発送させていただきました。

 第53号は、カラー8ページ構成です。
  1ページは「ご挨拶」、1~2ページは「京都囲む会(5/19)」、「日立技術士会特別講演会(5/18)」、「向日市民文化講座(5/19)」のご案内を掲載しております。お誘いあわせのうえ、ふるってご参加くださいますようお願いいたします。
 3~8ページは、「交流掲示板(平成30年12月~平成31年3月)」で、ホームページへのご投稿のほか、嶋之亟さんへのお手紙も掲載しております。投稿の輪がもっともっと広がればと願っております。
 8ページの「これからの予定」では、「東京囲む会(8/17)」、「シルバ-ヴィラ向山での『女形の世界(8/18)』」の開催予告も掲載しております。

 引き続き、会員の皆さまの変わらぬご贔屓をよろしくお願い申しあげます。また、嶋之亟丈をご支援くださいます新入会員さまのご紹介をお待ち申しております。
 

ありがとうございます

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 3月17日(日)21時09分4秒
  とおるさん、ありがとうございます。舞台をご覧いただき嬉しいです!

お褒めいただき、感激です。自分でも若い時分には今のようには言えなかったなと思うことがあります。短いセリフ、短い出番ですが、幕開きの腰元のセリフは大事なことを話している場合が多いのです。現行の『盛綱陣屋』は幕開きの腰元の台詞の後、すぐ主役の盛綱の登場となります。本来の台本では約15分の場面があるのですが、その内容を凝縮して6人の腰元が語っているのです。幕開きの腰元の重要性が皆様にお分かりいただけると嬉しいです。
 

3月歌舞伎座

 投稿者:とおる  投稿日:2019年 3月17日(日)01時00分53秒
  歌舞伎座夜の部に行ってきました。
嶋之亟さんは,盛綱陣屋の腰元若草。渡り台詞をさらりとつなぐ短い役ですが,なかなか若手ではあの「歌舞伎の味」は出せないのでしょうね。
 

一足早い春爛漫

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 3月11日(月)10時35分33秒
編集済
  本格的な桜のシーズンを前に、スカイツリーの下では河津桜が満開です。  

春の夜のスカイツリー

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 2月25日(月)09時11分55秒
  夜のスカイツリーの写真です。

毎日歌舞伎座からの帰りを出迎えてくれます。

わずか数日で桜の蕾がいくつも開いていました。
 

もうすぐ春ですね

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 2月20日(水)23時57分59秒
  先日雪がちらついたのが嘘のように暖かい日がやってきました。東京スカイツリーの周辺も桜の先駆け、河津桜や春の花が咲き始めました。  

御贔屓、ありがとうございます

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 1月30日(水)20時48分8秒
編集済
  森 栄子さんありがとうございます。

 台本に書かれた本ゼリフが無いにも関わらず、鴨川の床の場面で京言葉で喋りまくる女中(仲居)の役は沢山の方々からお褒めをいただいていますが、お客様にも喜んでいただき、とっても嬉しいです。台本に指定が無くてもあの京ことばは、その場の情景を描くのにとても必要だと思います。あのお芝居で京都の場面は一場だけですので、私の京都弁は効果的だったのではないでしょうか。

 私のセリフは、お酒を運びながら「おまっとうはんどした。」「えらいおそうなりまして、すんまへん。」「またすぐに持ってきますさかい、ごゆっくりしとくれやす。」。そして暖簾の中で泥酔した下島を止めながら「ちょっと、お待ちやしとくれやす。」暖簾の外に出て「あんたはん、そないにお酔いやしてからに、あきまへん」突きのけられて「ちょっと」睨まれて「難儀なお人どすな」「かなんなァ」と引っ込んでいきます。

 またお芝居を楽しみに来てください。

 森さんとは私の乙訓中学校(現勝山中学校)時代の3年2組でご一緒でした。先斗町の「ウォッカバー・ナカニシ」のマスター、中西眞一郎さんも同級生です。今度是非同級生同士で、「ウォッカバー・ナカニシ」で飲みましょう!
 

新年おめでとうございます

 投稿者:森 栄子  投稿日:2019年 1月30日(水)16時02分19秒
編集済
  昨年12月公演〔じいさんばあさん〕拝見しました。帰りのバスの中で思っていました。
“あの一幕は嶋之丞さんが為のシーンだったな…。筋書きを知らないものの勝手な自己満足?”
今日 年末年始の雑事が片付いてこのページを開いてみると 同じ様に観賞をされる御方が居られる事にビックリしています。          今後もご活躍を願ってます。
 

嬉しいです

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 1月29日(火)12時39分26秒
編集済
   皆様からのご感想は本当に嬉しいものです。

 お名前は伏せさせていただきますが、瓦版別冊のご感想が届きました。
                 〇
【このたびの瓦版第27号の別冊はすばらしい特別企画でございました。これは現代の「梅の下風」でございますね。全編カラーで嶋之亟さんの美しさが満載ですし、微に入り細に入った女形の芸談としても最上のものと存じます。俳優さんがご自分で書かれたのも珍しいのではございませんか。多才な嶋之亟さんにただただ唸るばかりでございます。益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。おみ足、どうぞお大事にお過ごし下さいませ。かしこ】


お正月にも頂戴しました。
【「ぢいさんばあさん」料亭の場、大変結構でございました。原作には全くない女中の言葉を、雰囲気をこわさず、と申しますか、いっそう盛り上げて喋っておられる!うまいなァと感心いたしました】

別の会員さんからも
【南座で「ぢいさんばあさん」を拝見しました。光ってられましたね。】

とっても嬉しく、次の舞台の励みになります!ありがとうございました。
 

/62