<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


お咲

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月13日(火)09時01分16秒
編集済
   吉田のお家の重宝を奪った極悪人の「忍ぶの惣太(権助)」と、お使いの途中、新清水で偶然出会った時の驚きの表情です。お端女のお咲は権助が出して見せる「都鳥」の巻物を取り返そうとしますが、首を締められ敢無く殺されてしまいます。

 レトロ風の写真にしてみました。
 

都鳥

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月12日(月)00時29分19秒
  名にし負はば いざこと問はむ 都鳥 わが思ふ人は ありやなしやと

東武伊勢崎線(スカイツリーライン)の「東京スカイツリー駅」はスカイツリーが出来るまでは「業平橋駅」。あの在原業平ゆかりの駅名でした。東京スカイツリーの開業とともに「業平橋駅」の名は惜しまれつつ消え、「東京スカイツリー駅」と名前を替えましたが、周辺にはまだ「業平」の地名が残っています。


『桜姫東文章』は盗まれたお家の重宝「都鳥」の一巻を、取り戻してお家再興を目指す家臣の働きが、一つの筋として物語が展開します。もう一つが古からある清玄桜姫もので、作者の四世鶴屋南北は別々の二つの物語を綯い交ぜ(ないまぜ)にするという手法を得意としています。
 

ご覧いただき嬉しいです!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月11日(日)01時30分13秒
  とおるさん、ありがとうございます!

お客様にしっかりと演技の意図がお伝えできているようで、とっても嬉しいです!

公演と並行して、6月の準備も始まりましたので、なかなかハードワークです。皆様に十分にお楽しみいただけるよう、頑張ります!
 

桜姫東文章

 投稿者:とおる  投稿日:2021年 4月10日(土)23時43分6秒
  歌舞伎座第3部「桜姫東文章」上の巻,拝見いたしました。

嶋之亟さんのお咲は,身分の低い者でありながら,お家のために危険を顧みず権助に立ち向かうというお役ですね。短い場面に,その忠心と決意が表れていたようにお見受けしました。おそらく,袖に引っ込まれたあとは,本当に無念を感じておられるのではないでしょうか。
お咲はあっけない最期となり,拍手もしにくく,もちろん掛け声も禁止なので,演じておられて反応を感じにくいかもしれませんが,客席はお咲の場面によって権助の悪に震撼していますので,どうぞ引き続き大切にお勤めください。

ちなみに,嶋之亟さんのお眼に残るお咲は升寿さんとのことですが,私の懐かしのお咲は左升さんです。

上の巻は三囲の場まで。次の岩渕庵室からが南北ワールド全開ですが,6月のお楽しみということで。
 

ミズマチの夜景

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月10日(土)22時51分43秒
  おかげ様で舞台は順調だと思います。

(ただお客様にはお見せできない部分での、苦労が多い演目です。おっと、これはご内聞に!)
劇場帰りの充実感と疲労感の混ざった身体を、東京スカイツリー近くの「ミズマチ」の川風が癒してくれます。
 

向島小梅橋から見上げる東京スカイツリー。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月 5日(月)23時11分35秒
  舞台を終えた充足感に包まれた帰路、自宅近くの向島小梅橋から見上げる東京スカイツリーの昨夜と今夜の写真です。  

ありがとうございます!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月 5日(月)14時12分56秒
  すみよしさん、ありがとうございます!

やはり前評判どおりの盛況ですね!

一日一日丁寧に努めたいと思います!
 

初日 おめでとうございます

 投稿者:すみよし  投稿日:2021年 4月 5日(月)12時29分23秒
編集済
  今月はチケットが取りにくいだろうとの前評判でしたがやはり完売でしたか。
ファンからの質問コーナーなどで必ず再演のお話しがでる待ちに待った桜姫東文章ですものね。
ポスターは欲しいけど飾るところがありません。
文庫本は保存用と読書用と2冊持ってます
このまま無事 千穐楽をお迎えなさいますように
 

第三部の初日、完売!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月 3日(土)23時17分13秒
編集済
  初日が無事に終わり、ホッとしています!

初日の今日、第三部は完売だったそうです!

36年前の公演時、盗難が相次いだと評判になっていたポスターは、今回歌舞伎広場で3000円で販売されていますが、飛ぶように売れているそうです。
その当時600円で販売されていた、文庫本も、信じられないような高値がついているようです。
 

今日は格別の初日!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年 4月 3日(土)14時58分52秒
編集済
  今日は初日!

舞台に立つのは昨年の11月21日以来!いつもの初日とやはり気分が違います。

心置きなく舞台で弾けたいと思います!
 

/88