<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


マネキが上がりました

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月26日(金)23時17分45秒
編集済
  さいとうさん、いつもお世話になっています。

明日から京都に行ってきます。

南座のマネキには特別な思い入れがあります。
 

南座のまねき上げ

 投稿者:さいとう  投稿日:2021年11月26日(金)19時53分1秒
  南座にまねきが上がったというニュースを拝見しました。
しばらく南座には行っていませんが、やはり「まねき上げ」はワクワクしますね。
時節柄どうぞご自愛のうえ、顔見世の舞台をお務めください。
 

六本木ヒルズのクリスマスツリー!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月26日(金)16時19分43秒
   清元のお稽古に行ってきました。私にとりましては今年最後のお稽古となります。

 いつもお稽古場近くの六本木ヒルズの広場で、時間まで自習しているのですが、クリスマスツリーが飾られていました。

 今年もあとわずかです。

 明日から京都に入ります。
 

いよいよ南座顔見世です!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月24日(水)20時03分54秒
編集済
   明後日から京都に入り、28日から南座顔見世のお稽古が始まります。

昨年はマネキが上がらなかったので、二年ぶりの京都入りです。
顔見世に出るのは嬉しいですね!

 今月はお休みだったので、以前からご依頼のあった「京都地名研究会」の原稿を書き上げることが出来ました。タイトルは『「間人(たいざ)と太秦(うずまさ)」』。どちらも京都の難読地名の代表的なものですが、いまやたいていの方がお読みになれます。「間人ガニ」と「太秦映画村」がこの二つの地名を有名にしました。

 私の生い立ちとかかわりの深いこの二つの地名をめぐって、映画の楽しみとともに生きてきた私の半生と、古代史や渡来人にまつわるお話を書き続けているうちに35000字を超えてしまいました。最初のお話は200字から20000字という規定でしたので、カットしてようやく29000字(400字詰め原稿用紙約70枚)に整理し、お話したところ、快くOKがいただけましたので、ホッとしました。

 いつか皆様にお読みいただけることが出来ることを楽しみにしています。

今日の東京スカイツリーは青空に囲まれていました!

 

隅田川の河畔にある手押しポンプ!?

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月16日(火)14時56分22秒
   先日検査した胃カメラの結果を聞きに、同愛記念病院に行ってきました。結果は胃カメラ担当の先生が仰っていた通り、異常なしでした。これで安心して舞台がつとめられます。

 その後浅草で用事があり、屋形船が数多く停泊している隅田川沿いを心地よい気分で歩いていましたら、面白い物を見つけました。手押しポンプです。初めて見ましたが、案内板によれば、隅田川が増水した時に川の水を横へ流す細い溝のような川筋が作ってあって、小さいカニなどが生息しているそうです。乾きすぎないように、通りすがりの方がたまに手押しでポンプで水を送ってあげてください、というものです。江戸らしい、なかなか小粋な計らいだと思いました。私もポンプを使って、小川にお水を上げてきました。

 

南座に出演します!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月14日(日)11時07分35秒
編集済
  さいとうさん、いつも最新情報の更新をありがとうございます。

 マネキ書きの写真の中に私の名前がありましたので、楽しみにしていましたが、正式に役納めがあり、第一部『曾根崎心中』の女郎役で出演することが決まりました。昨年の顔見世には行けず、マネキも上がりませんでしたので、寂しい思いをしていました。

 久しぶりの京都での出演。嬉しいです!楽しんでつとめたいと思います。皆様、是非南座にお越しください!お待ちしております。

 以前『曽根崎心中』の女郎に出演した時の写真をアップしてみました。

 お初を含めた四人の女郎の衣装はそれぞれ違うので、今度はどんな色の着物が着られるか、楽しみです!

 

秋の深まり

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月10日(水)13時04分13秒
   例年は5月か8月に行っている胃カメラ検査ですが、コロナの影響もあって今年は遅れていました。たまたまお休みになった今月、申し込んで今日検査に行ってきました。検査はいつも不安でしたが、胃カメラのお医者さんの「何もありませんね」とのお声にホッとしました。一週間後の診察で正式な結果を聞きますが、まずは一安心です。

 帰りのバスに乗ろうと歩いていると、途中の横綱町公園の銀杏が見事に色づいていました。秋の深まりを感じます。
 

マネキ書き!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月 8日(月)14時55分36秒
編集済
  墨染会事務局の橋本隆さんと、国立大劇場出演中の弟弟子の片岡孝志さんが、ほぼ同時に「マネキ書き」の写真が出ていますよ、教えてくださいました。二人の「たかし」さん、ありがとうございました。私自身は全く知らなかったのですが、これで多分来月は南座顔見世に出演出来そうです。「役納め」がまだなので確定ではありませんが、昨年行けなかったこともあるので、喜びがじわじわとこみ上げてきます。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 

秋の空を眺めてリフレッシュ!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月 4日(木)23時16分24秒
  お休みの今月は、京都地名研究会からご依頼のあった原稿執筆に励んでいます。

まだまだ仕上がりませんが、一区切りつき、眼も疲れてきたので海の近くの木々の間で、森林浴をしてきました。

秋の空を眺めていると、また新たに書きたいことが湧きあがってきます。
 

嬉しいお便り、ありがとうございました。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2021年11月 1日(月)17時11分14秒
編集済
  繁田誠一様、ありがとうございました!

初めての歌舞伎座でのご観劇、そして交流掲示板へのお書込み。感激です!

昨年の春、コロナで劇場がお休みになり、数か月間の後、久しぶりに舞台に立った時の感覚を思い出します。お休みの間、映像では観ていましたが、生で皮膚から感じ取る舞台の興奮は、画面から伝わってくるものとは、全く別のものでした。数十年前、南座で私が初めて生の歌舞伎を見たときのカルチャーショックを思いだしました。目と耳に訴えるというより、体全体に響いてくる感動でした。

初心を思い出させていただいて、本当にありがとうございました!

ご近所のよしみでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。向島での囲む会でお会いできる日を楽しみにしております。
 

/101