<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


すごいですね!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年12月 3日(木)17時31分51秒
  いやー、100、000アクセスですか!

凄いですね!

ご覧いただいた皆様、ありがとうございます!
さいとうさん、いつもお世話をおかけしています。

ホームページ委員会のさいとうさん、太田さん、橋本さん、そしてトップページを作っていただいたテレサさん、本当にありがとうございます。

コロナ禍のためにお休みがちになり、舞台に出られない日々が続いていますが、松竹大谷図書館への寄贈が決まったり、ホームページのアクセスが10万回を超えたり、とっても嬉しいこともありますね。地道に頑張ります!
 

10万人!

 投稿者:ホームページ運営委員会 さいとう  投稿日:2020年12月 3日(木)17時13分45秒
編集済
  いつも嶋之亟丈のホームページに訪れていただき、ありがとうございます。
トップページのカウンターによりますと、本日、ホームページリニューアル以来の訪問者数が10万人を超えました! 大きな節目といたしまして、報告させていただきます。
今後とも、嶋之亟丈、ならびに当ホームページへ、皆様方のご贔屓、お引き立てのほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

「おうち時間」と瓦版

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年12月 1日(火)21時04分38秒
編集済
   インスタなどで皆様ご承知と思いますが、濃厚接触の関係で数日間、代役での公演となった歌舞伎座12月公演の初日が今日開き、南座も今日からお稽古が始まったようです。

 私は出演者人数の制限のあおりを食って、南座のマネキに、今年は名前を連ねることはできませんでした。

 とても残念ですが、そこは切り替えて「おうち時間」に出来ることを一生懸命頑張っています。

 ちょうど「墨染会30周年」「名題披露20周年」の節目の年となりますので、歳月を振り返り、瓦版の原稿を書き進めています。

 紙焼きの写真も整理して、スキャナーで取り込んでいますので、今まで皆様のお目に触れることの少なかった舞台写真やそれ以外の写真もご覧いただけることになると思います。皆様もう少しお待ちください。

 事務局の橋本様、又お世話をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 

陰性

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年11月27日(金)20時33分19秒
編集済
   新聞紙面やインターネットでご存知かと思いますので、私から詳細を述べることは控えさせていただきますが、濃厚接触者と認定された方々の検査の結果が出て、全員陰性ということでホッといたしました。

 ただ来月の南座と歌舞伎座の公演に代役などの変更があることが発表されています。

 数人の方からお電話もいただき、今回感染された方との接触を心配していただいているようですが、楽屋でのご挨拶を自粛していましたし、今回感染者と発表された方のお手伝いをすることも無く、この二か月、5メーター以内に接近したことは一度もありませんでした。幸い感染者との接触は全くなかったわけで、当然のことながら濃厚接触者のリストに上がることはありませんでした。どうぞご安心ください。ご心配をおかけしてすみませんでした。

 世間で感染者がじりじりと増え続けていますので、外出を控え、気を付けたいと思います。皆様も一層ご自愛ください。一日も早い終息と、以前のような形での歌舞伎の公演が戻ってくることを、切に願っています。
 

・・・・・

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年11月23日(月)23時42分48秒
  すみよしさん、書き込んでいただいてありがとうございます。

今は沢山書けそうにありません。
一日も早い終息を願うばかりです。
 

コロナ(涙)

 投稿者:すみよし  投稿日:2020年11月23日(月)21時16分24秒
  今年はコロナ禍で始まり終わりそうです。
潜伏期間も長いですし 色々注意に注意を重ねて予防していても罹ってしまう誰がなってもおかしくない病気です。
観劇できることを楽しみにされていた方、ご出演の皆様 さぞ悔しく思われていらっしゃることでしょう。
ご一緒されていた方に陽性者が増えませんように。
インフルエンザとリスクは大差ないと言う説も出る中、高齢者を家族に持つものとしては遠征する気にもなれず、です。
一刻も早い収束を願うばかりです。

 

残念です。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年11月23日(月)11時35分16秒
  最新情報でお知らせいただいていますように、国立大劇場の第二部の公演が打ち切られました。とても残念です。  

ありがとうございます!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年11月22日(日)10時08分15秒
編集済
  さいとうさん、ありがとうございます!

嵐のような拍手のお一人だったんですね!
演じる立場からはしにくい的確なご説明、とても嬉しいです。

昨日は小劇場の「舞の会」があって、楽屋も上方の匂いが濃かったですね。
さいとうさんが、胡弓の木場大輔さんと演奏してくださった「八千代獅子」を思い出します。また聴かせていただきたいです。
 

国立劇場に出かけてきました

 投稿者:さいとう  投稿日:2020年11月22日(日)08時06分12秒
編集済
  昨日(21日)、大劇場の第二部を観てきました。
嶋さまの「老婆おしげ」は、これから始まる物語の軸となる重要なお役でしたね。わけがわからず(?)微塵弾正につれてこられ事件へと巻き込まれる、でも本人はそれに気づいていないという、ある意味複雑な立場、不安感やとまどいなどが伝わってきました。引っ込みの大きな拍手に、参加させていただきました(笑)。
やはり杉坂墓所の場があると、次の毛谷村六助住家の場の登場人物たちがくっきりと浮かび上がり、話が立体的になっていいですね! 仁左衛門丈も情のある六助を演じられ、何度も観ている「毛谷村」ですが、今回はとくに面白く感じました。

昨日は小劇場では「舞の会」が開催されていて、その2時30分開演の回を観てからの大劇場の歌舞伎公演へ。演目の一つ、地唄「鉄輪」は自分も三絃で習いましたが、井上八千代師の舞はすばらしかったです。
 

南天

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2020年11月21日(土)22時09分19秒
  国立劇場へ向かう道筋で見かけた南天の色が鮮やかでした!その先の花も、つい撮影してしまいました。
 三連休の初めの土曜日。今日の引っ込みには、なんと突然の嵐のような拍手が起こりました!感激です!
 

/81