投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


舞台の励みになります

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年10月13日(日)10時51分30秒
  わー。中西由里さん、深いご感想ありがとうございます。舞台をつとめていて励みになります。

南座顔見世の切符、番頭さんにお願いしました。もう少しお待ちください。
 

御園座記2

 投稿者:中西由里メール  投稿日:2019年10月13日(日)08時40分13秒
  「おはまの居間」についての感想をもう一言。
初役でお勤めの「おふみ」。
おはまさんが料亭を切り盛りしてきた年月、おふみはそばにいて、時に眉をひそめるような気持ちがしても「やっぱり私が居てやんなきゃね。」と思ってる。自分だって幸せとはいえないんだけど、女将さんの苦労もわかっている。
おふみさんのそういう人柄や人生が嶋之亟さんのなさりようから感じるんですね。
泣けてきます。

ところで南座のお手配、早速していただいたとのこと、ありがとうございます。楽しみです。
どうぞお元気でお勤めください。


 

ありがとうございました!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年10月12日(土)11時13分51秒
  中西由里さま、ありがとうございました。たくさんお話しできて嬉しかったです。
「おはまの居間」の場面に出るのは初めてですが、とても手ごたえを感じています。毎日工夫しながら楽しく勤めています。御覧いただき、感謝しています。
今日は台風接近でえらいことになっています。東京の劇場は早々と休演を決めましたが、御園座は上演するそうです。
 

御園座2019

 投稿者:中西由里メール  投稿日:2019年10月12日(土)10時17分19秒
  10/11御園座顔見世の昼夜ダブルヘッダー、観てきました。昼夜入れ替えの時間には御園座近くの緑に囲まれた公園のカフェで嶋之亟さんとおしゃべり!という楽しい楽しい時間を過ごさせていただきました。
嶋之亟さんの出るところ「おはまの居間」の場面は秀太郎丈を囲んで嶋之亟、りき彌、松之助、松十郎(敬称略)という上方歌舞伎の皆さんが熱演されて、忠太郎と母の哀切が迫ってきました。泣きました。良かったあ。
感動いっぱいで名古屋駅に立つと、台風接近のため、新幹線が大変なことになっていました。
では12月の南座を楽しみに毎日生きていきます。
嶋之亟さん、ありがとうございました。
 

待っていたとは、ありがてえ!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年10月 4日(金)10時13分29秒
編集済
  久しぶりの名古屋での大向う、「さくらぎや!」、ありがとうございました!嬉しいです!

ずっと中村小山三さんなさっていた女中「おふみ」、楽しいですね!

今回、演出が新派の大場正昭さんに変わり、描写に一段と細やかな表現が求められ、なかなか大変ですが、新鮮な発見が多く、とってもやりがいがあります。

私の『比良の小天狗・隼童子』の公演でも経験しましたが、セリフが前後に飛ぶことがあり、初日は別の緊張感がありました。なんとかみんなで乗り切り、過ぎてしまえば、出演者の一体感が強まり、いい思い出の一つとなりそうです。

千穐楽まで楽しみながら、つとめたいと思います。

「名古屋で勝手に囲む会」楽しみにしています!

皆様、御園座へお越しください!
 

「待ってました」

 投稿者:尾張万歳 今枝増笑門メール  投稿日:2019年10月 4日(金)01時25分27秒
編集済
  お久しぶりです。
「八十日目(やっとかめ)にござりゃあしたなも。」
(=久し振りにお越しになられましたね)
御園座と共に心よりお待ち申し上げておりました。

初日、2日目と「おふみ」拝見致しました。
お芝居を動かす、大変重要なお役と思います。
初日は大波に揺られ、どこかへ行ってしまうかとドキドキ心配でしたが、碇をドンと下ろされた所「お見事」
2日目は安心してじっくりと拝見できました。
これからは、どんな「おふみ」になられるか、楽しみにしております。
1ケ月間宜しくお願い致します。
是非また「名古屋で勝手に囲む会」にもお越し下さい。
 

御園座、楽しんでつとめます

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 9月12日(木)11時26分42秒
編集済
  『瞼の母』では随分以前に南座で、芸者で出て以来です。亡くなった中村勘三郎さんが「番場の忠太郎」をなさったときで、名題時代の澤村鐵之助さんと二人で出演していました。先輩芸者役の鐵之助さんに、色々と教えていただいた懐かしい思い出があります。当時女中「おふみ」はたいてい中村小山三さんがなさっていて、もう教えていただくことが出来ませんが、映像を拝見して芸を盗ませていただきながら、人物像を膨らませて、お芝居の流れを盛り立てていきたいと思います。楽しんでつとめたいと思います。

以前につとめた芸者の写真を載せてみました。
 

御園座楽しみ

 投稿者:中西由里メール  投稿日:2019年 9月11日(水)23時23分17秒
  瞼の母、獅童さんにお似合いの役どころで楽しみにしていましたが、嶋之亟さんの女中がきっと芝居の奥行きを出してくるのだろうと思います。益々楽しみ。10/11に行きます。
お身体をお大切にお勤めください。
 

来月のお役

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 9月 6日(金)16時20分32秒
編集済
  中西由里様、話題にしていたら役納めが参りました。

先ほど最新情報でお知らせいただきましたが、来月御園座は『瞼の母』の女中「おふみ」に決まりました。どうぞよろしくお願いいたします。
 

嬉しいです!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2019年 9月 5日(木)12時10分47秒
編集済
  中西由里さん、歌舞伎を愛してくださり、本当に嬉しいです!

名古屋御園座へ行くことは、ほぼ決まっているのですが、役はまだ聞かされていません。
私たち名題クラスの役が決まるのは(会社の人から連絡があるのを「役おさめ」と言います)、通常前の月の上旬から中旬です。あと一週間くらいで知らされると思いますので、もう少しお待ちください。多分、『瞼の母』か『角力場』のどれかの役だと思います。

今月は舞台の出番がないので寂しいですが、色々な準備で充実しています。また結果をお見せすることになると思います。
 

/66