投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


オロモルフ号の航宙日誌7387『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月25日(火)22時08分56秒
  ▼艦隊の位置

 これまでのテレビ報道で、アメリカ艦隊の位置がデタラメでしたね。
 朝鮮半島の近くまで来ていると、盛んに言っていました。
 それにしては位置が不明確だと思っていました。
 艦隊の行動は、編成の他に、何時にどこにいて、どちらの方角に移動しつつあるか、を明確にしないと、何のことやら分かりません。
 日本海海戦のとき、信濃丸の第一報は直接は旗艦三笠に届かず、間に中継がいくつか入ったために、場所と方角は分かったが何時にその場所にいたのかという時間が分からなかったために、三笠の参謀は困惑し焦ったそうです。

▼温室

 うちのすぐ近くに、温室を経営している人がいて、中にはいつも花が咲いています。
 それを撮りました。
 天気の悪い日だったので、鮮やかではありませんが・・・。

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7386『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月23日(日)10時32分6秒
  ▼Re:利敵行為/Re:弔慰

 佐藤正和さん、いつもありがとうございます。
 わざわざ北のはりぼてを撮りに行くのですね。原爆工場をスクープするのなら認めますけど、はりぼて撮ってもどうしようもありませんね。
 渡部昇一さんは、緻密な取材で真相を突き止めて発言するので、身に危険を感じることもしばしばだったそうですね。
 警官が学生に化けて身辺警護することもあったとか・・・。

▼理解しにくい事件

 3.8億円強奪事件って、私には理解しにくいです。
 30にもならない若者がたった一人で4億円近くもかかえてのこのこ歩いているなど、信じられません。銀行も呑気ですね。車に乗るまで数人で警護するのが普通だと思いますけど。

▼八重桜

 曇天で、すっきりしませんが、撮ってきました。

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7385『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月20日(木)09時52分3秒
  ▼へとへと

 昨日は久しぶりに外出。
 横浜の図書館に行ってきました。
 一眼レフをぶら下げて、複写不許可の本を数百枚撮影してきました。
 家から横浜までは意外に不便で、東京(新宿)へ行くよりずっと時間がかかります。
 そういうわけで、へとへとになり、一週間は疲れがとれないと思います。
(民主政権時代の事業仕分けとかによって、JSTのサービスが無くなり、私の資料集めはとても不便になってしまいました。本当に悪政でした。悪夢です)

▼サリン攻撃

 ミサイルが話題ですが、もっとずっと安くできる対日攻撃に、風船爆弾があります。
 サリンを積んだ風船爆弾が数百個、偏西風に乗って日本に来たら、その全てを海上で撃破するのは至難です。
 最悪の場合、第二次大戦規模の民間人死者を覚悟せねばなりません。
 政治家やマスゴミの呑気さには驚きます。

正しい歴史認識・・・が拡散希望しているサリン対策
◎1週間分の水をペットボトルなどで確保しておく。
◎お風呂の水は捨てずに湯船に張っておく。
(サリンは水で無毒化するので何かを浴びたら水に入る)
◎Jアラートが鳴った時に室内にいたら、窓をきっちり閉める。
◎Jアラートが鳴った時に屋外にいたら、建物【できれば地下】に入る。


 

Re:弔慰

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 4月19日(水)23時21分30秒
  先日まで有識者会議で活躍されていたのに、突然の訃報に驚くとともに、大変残念なことです。記録に残すため書こうと思いますが、渡部昇一さんといえば昔印象に残る出来事がありました。

昔「朝まで生テレビ」という深夜TVの討論番組をよく見ていて、渡部昇一さんも時々出演していたのですが、その回のテーマは確か「ファシズムとは何だったのか」だったと思います。ベルリンの壁が崩壊しソ連の実態が広く知られるようになった頃で、その反省がテーマになっていました。会場にはファシズムを代表する人物として、スターリン、ヒトラー、東条英機の肖像が飾ってあったと思います(東条英機がファシストだというのは、変ですが)。

それを見た渡部昇一さんは、忽然と言い放ったのです。「なぜ、毛沢東の肖像がここにないのですか!彼こそ最大のファシストではありませんか!」と。当時は四人組問題などがあり、朝日新聞の中国共産党の神格化(笑)にも陰りが見えたころですが、それでも悪いのは四人組であり、毛沢東は建国の英雄という見方が一般的でした。自らの権力維持のため、大躍進政策や文化大革命で、数千万の自国民を死に追いやったことが広く知られるようになるのは、もう少し後のことだと思います。

その迫力がすごかったのと意表を突く発言だったので、大変印象に残っています。この時のエピソードは、小林よしのり氏の『ゴーマニズム宣言』の中でも書かれていた記憶があります。
 

オロモルフ号の航宙日誌7384『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月18日(火)12時29分20秒
  ▼弔慰

 渡部昇一さんが亡くなられたのですね。
 とても残念です。
 この人の名を知るようになったのは「知的生活の方法」によってですが、その後の正論活動によって、強い刺激を受けました。
 そういうわけで、自著を出すたびに献呈しておりましたが、その都度お礼のハガキや手紙を下さっていました。
『発明特許の日本史』をお贈りした時の返礼の中に「戦争に負けるのは辛いことですね」とありました。終戦時に、先に特許を出願した日本人が拒絶され、あとで日本人の真似をして出願した戦勝国人が登録され金儲けするという理不尽がいくつもあり、その事に対するお言葉でした。
(とくにオランダなどヨーロッパ国にそれが多く、主要敵だったアメリカは意外に少なかったのも印象的な戦後史でした。戦勝国にぶら下がって利益をむさぼる国がたくさんあったのです)
 渡部昇一さんのご冥福をお祈りいたします。

▼八田與一のブロンズ像

 ――の首が切り取られた件、台湾に住む反日人の仕業だろうと思っていましたが、やはりそういう思想の人間だったらしいですね。
 しかも、傷害とか放火などの前歴のある男だとか。
 私は20年ほど前、写真に示す本によって八田與一の業績を知り、感激しました。
 台湾の産業開発に、大変な貢献をした人です。
 あまり知られていないようですが、八田與一自身は戦争中に殉職しました。残された妻の外代樹は、八人の子供を育てて後顧の憂いが無くなると、終戦時に、夫が精魂込めて作った巨大ダムに入水して自決しました。
 台湾の人達がこの夫婦の事を忘れずにいてくれるのは、ありがたい事ですが、我々日本人も忘れてはならないと思います。

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7383『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月16日(日)13時26分7秒
  ▼中国人女性による犯行

 どうやら朝鮮系の中国人らしいのですが、寺社が変な液体で汚されました。
 むろん汚した方が悪く、厳罰にしてほしいのですが、同時に気になるのが、日本の神社やお寺の責任者の呑気さです。
 最近は外国人がたくさん観光目的で来るので、金儲けの事ばかり気にして、文化財の警備を怠っているのではないか――と思います。
 本来、命がけの警備をするべきで、貴重な施設を汚されたら切腹するくらいの覚悟でなければ、お寺や神社を預かっているとは言えないと思います。
 このことは、神奈川県の障害者の大量殺人でも言えると思います。あの事件も、施設の長が呑気すぎたために死者が大幅に増えてしまったと思います。施設の長の責任問題はどうなっているのでしょうか。

▼何の花?

 公園の桜を撮った時に、ついでに近くの家の花を撮りました。

▼ラヂオの日本_05

 ↓↓↓↓↓

 

利敵行為

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 4月14日(金)21時01分32秒
  4月15日の金日成生誕祭を取材するため、マスコミが大挙して平壌に入っていますが、いったいこの人たちは何を考えているのでしょう? 私が金正恩なら、15日に核実験をして、彼らを拘束したうえで軍事施設に拉致監禁し、人間の盾として使うところです。米軍のミサイル迎撃態勢も整ったようですし、開戦の可能性は結構高いと思いますが、危険を冒して金正恩の宣伝に一役買っているのですから、くれぐれも、自己責任でお願いしたいと思います。  

オロモルフ号の航宙日誌7382『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月14日(金)10時09分48秒
  ▼地上波テレビ

 私が地上波テレビを見るのは、朝布団の中にいるときと、食事中だけです。
 なぜ朝布団で見るかといいますと、前に神戸の大震災があったとき、テレビを朝見なかったので、大震災を知らずに勤務先に行ってしまい、失敗したからです。
 それ以後、とにかく災害のニュースが無いかを早朝にチェックすることにしたのです。
 食事中は他に見るものがないので、スカパーで将棋番組を見るか、地上波のニュースを見るか、しています。
 つくづく思いますが、地上波テレビは二つか三つあれば十分ですね。ニュースも天気予報もほとんど同じですから、局がいくつもあるのは無駄です。

▼北朝鮮問題

 日本一国では何も出来ないという現状がとても情けないです。

▼ラヂオの日本_04

 表紙が少しずつ派手になってきました。

▼公園の桜
(先日と同じ暗い日に広角で撮ったもの)

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7381『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月11日(火)22時45分59秒
  ▼テレビのニュース

 フィギュアスケート選手の引退報道が大々的になされていて、その附録のような感じで緊迫する北朝鮮問題が報道されていますね。

▼詐欺

 騙して大金を懐に入れた人のニュースがよく出てきますが、騙されるだけのお金が有る人って、ずいぶんたくさん居るんですね。
 お金持ちが多いなあ・・・

▼桜

 近くの公園で桜が咲いていたと家内が言うので、行って写真を撮ってきました。
 残念ながら暗い曇りの日で、桜色は撮れませんでした。掲示した写真は、ソフトで少し明るく修整しています。
 数日前に撮れば良かったです。
 八重桜はこれからなので、頑張って撮りに行こうと思います。
 桜と言えば、都内の桜を見物に来た外国人を偽僧侶が騙して、変なものを売りつけている映像を見ました。犯人は中国人で、組織があるらしいとか・・・。
 警察頑張れ!

▼ラヂオの日本_03

↓↓↓↓↓

 

オロモルフ号の航宙日誌7380『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月 9日(日)13時25分31秒
  ▼軽い大臣

 大臣の失言が問題にされており、さらに失言しやすい大臣の名前があがっています。
 自民党もしっかりしてほしいです。
 野党とマスゴミは、日本のためを思って質問や報道しているのではなく、刺激して失言させて足を引っ張ろうと思っているのです。
 そんな事は見え見えなのに、なぜひっかかるのでしょうか。
 大臣の資質の無い人が大臣になっています。
 櫻井よしこが自民党人事を批判していましたね。
 もっと重厚で老練な政治家を大臣にしてほしいです。

▼定跡破り?

 コンピュータ将棋と名人の対局で、コンピュータ側が定跡やぶりの初手で乱戦に持ち込もうとした――と新聞に出ていましたけど、そんな事ありませんよね。
 初手は金開きという構えを目指すありうる手で、さほど不思議ではなかったと思います。

▼桃の花

 これは一昨日の写真です。
 今日は雨で、もう盛りは過ぎたと思います。

▼ラヂオの日本_02

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7379『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月 6日(木)12時26分25秒
  ▼幼稚園での虐待報道

 ある幼稚園で、特定の園児の身体を縛って動けなくした――というニュースがあり、アナウンサーは虐待という言葉を使っていました。
 たしかにその園児のみを取り上げれば虐待なのですが、もう少し精しい調査結果を聞かないと、単純な決めつけは早計かもしれないと思っています。

▼若返りつつある将棋界

 タイトル戦の最高峰である名人戦は、佐藤天彦名人に稲葉陽八段が挑戦。佐藤名人が29歳、稲葉八段が28歳という若手どうしの対決です。二十歳代どうしの名人戦は21年ぶりだそうです。
 昨年の10月にプロ棋士になったばかりの藤井聡太四段が、デビュー以来負け無しの11連勝という記録を作りました。プロになった年齢(14歳2ヵ月)も新記録でした。
 中学三年生の子供が、次々に記録を塗り替えています。
 この少年棋士の強さは終盤にあるようです。詰め将棋を解く速度が猛烈に早くて、詰め将棋解答選手権では2015年から2017年まで三年連続優勝です。
 どこまで伸びるのか、楽しみです。
 健康に注意してほしいです。

▼ラヂオの日本_01

 今回から、無線雑誌「ラヂオの日本」の表紙集をお届けします。
 この雑誌の掲載記事の紹介は前に同人誌にしたことがあり、また目次集は作成したことがあります。
 しかし表紙集はまだつくっていなかったので、今回つくってみた次第です。
 大正14年に創刊された、国策に沿ったお役所的な無線雑誌なのですが、初期の時代、逓信省電気試験所にいた海野十三が編集委員をつとめておりまして、そのため、ほとんど毎号のように、いろんなペンネームで(または無署名で)記事を書いていました。
 一緒に編集委員をしていた東大教授が、私の先生に話していたそうですが、雑誌の穴埋め記事は全部海野十三が書いていたのだそうで、しかも編集委員会の会議の場でさらさらと書いてしまうので、驚いたとか・・・。
 じつは、「たぶん海野十三のペンネームだろうが確証がない」という筆者名がいくつもあります。海野十三のペンネームの種類を調べるのに欠かせない雑誌です。

▼桃の花

 ようやく咲きました。

↓↓↓↓↓

 

オロモルフ号の航宙日誌7378『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月 4日(火)22時01分46秒
  ▼Re:寺脇研

 佐藤正和さん、最近の情報をありがとうございます。
 この人の名は、しばらく見なかったのでほっとしていましたが、数日前から画面に出るようになって、ヤレヤレと思っておりました。最近の様子は知らなかったのですが、そんな事をしていたんですね。反日行為をすることが目的でお役人になる人達がかなりいたようですね。今もいるのかも・・・。
 モグラたたきみたいに、いろんな所から変な人が出てきますね。

▼幼児が歩道橋から落下

 埼玉県の歩道橋の柵の隙間から、一歳半の女児が転落して重傷とか。
 回復を祈ります。
 柵の棒の隙間が、15センチの筈が二カ所だけ20センチになっていて、そこから落ちたらしいというのですから、行政の問題でもありますが、ついていた親が目を離したすきに落ちて、落ちた瞬間を親は見ていなかったというのですから、親の責任は大きいです。
 一歳から三歳までの幼児は、日に日に成長しますから、昨日は越えられなかった壁を今日はあっさりと越えてしまったり、昨日は届かなかった場所に今日は軽々と手が届いたり、ハイハイしていたのが急に走り出したり、します。
 一瞬でも目を離すと危険です。
 私の長男など、畳の上をごろごろ転がって移動していて、いつハイハイするのかと思っていたら、突然立ち上がりました。ハイハイを抜きにして急に歩いたのです。
 そういう事がありますから、親は絶対に目を離してはいけません。
 保育園でも、係の人が知らないうちに昼寝しているはずの園児が外に出て事故が起こったとか、報道にありましたね。

▼今月の柴犬

 ↓↓↓↓↓

▼次の表紙集

 ――ですが、「ラヂオの日本」にしました。
 たぶん全冊持っていますし、海野十三がたくさん書いた雑誌だからです。
 SF雑誌と違って、毎回似たように表紙絵ですから、無線雑誌に興味の無い方は退屈するでしょうけど・・・。

 

寺脇研

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 4月 3日(月)14時23分18秒
  森友学園問題も野党にブーメランし、安倍政権の支持率にも影響がないということで、さすがに野党の矛先も鈍ってきたかに見えますが、相変わらず朝日系のマスコミは、騒ぎを大きくしたくて仕方がないようですね。その中で良く発言している、寺脇研という元文科省の官僚がいます。二言目には「教育勅語は憲法違反」と叫んで森友学園と安倍政権を批判している人ですが、どういう人物かと興味を惹かれて、少し調べてみました。

寺脇氏が文部省時代に関与した主な政策は、以下です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BA%E8%84%87%E7%A0%94

「ゆとり教育」「脱偏差値」「学校週5日制」「総合的な学習の時間」「生涯教育」

なんとあの「ゆとり教育」の推進をしていたようです。また、退官後は大阪にあるコリア国際学園の設立準備委員に就任しています。コリア国際学園は文字通り朝鮮語で授業を行う各種学校ですが、土曜授業、週12時間の英語授業、など、「ゆとり教育」とは正反対のエリート育成の教育方針を掲げています(苦笑)。

当然ながら、その設立準備委員14人の大半は在日韓国朝鮮人(姜尚中氏などが入っています)なのですが、2人だけ日本人が混じっており、その一人が寺脇氏なのです。このコリア国際学園には、文科省の「高等学校等就学支援金の支給に関する審査会(第8回)」(平成25年)において、以下の留意点が指摘されています。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/detail/1342916.htm より引用:

平成23年12月8日付けの指定において通知した留意事項に加え、指定教育施設として新たに留意すべき事項があるので、以下の内容を通知する。本通知の内容を踏まえ、教育活動の改善に努められたい。

平成23年12月8日付けの指定において、「4.社会の担い手として活躍できる人材育成に努めることについて」留意事項を通知しているが、授業科目「在日コリアン史」、「コリア近現代史」において使用している教材(補助教材を含む)に、我が国の政府見解とは異なる記述、編者独自の歴史的見解、政治的主張等が見受けられることを踏まえ、次に掲げる事項について対応すること。

・事実の正確な理解に導き、多面的・多角的に考察し公正に判断する能力を育成するため、他の客観的かつ公正な資料の活用、我が国の高等学校の教科書の併用など、使用する教材について不断の改善に努めること。特に、貴校が予定している学校独自の主たる教材の作成については、早急に着手し、来年度以降できるだけ早期に当該教材の使用を開始すること。

この件がどう決着したのかは定かではありませんが、現時点で、就学支援制度の対象校にはなっています。ただし、アメリカンスクールなどに混ざってただ1校だけ、
「当分の間、なお指定の効力を有するとされた各種学校」
と微妙な位置づけです。

http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/mushouka/1307345.htm

就学支援制度認定に関して、どのような忖度があったのか、教えてほしいものですね。

最近、官僚を退官する年代の人は、日教組全盛のころの義務教育を受けた世代だと思います。先生の言うことを素直に受け入れて優等生として過ごし、その後解脱する機会もなく官僚になってしまった、寺脇氏もそのような人なのではないでしょうか。しかし、文科省でこの種の人が政策を推進していたというのは、空恐ろしいことです。

 

オロモルフ号の航宙日誌7377『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 4月 2日(日)17時15分39秒
  ▼Re:金正男と金玉均

 佐藤正和さん、資料をありがとうございます。
 北朝鮮問題はいよいよ緊迫してきましたね。
 オバマの無策によって、混乱が増すばかりです。
 下手すると日本に核弾頭が落ちますし、毒ガス攻撃されます。国内に工作員もいます。
 政治家は呑気すぎますね。

▼if 23

 次はどうしようかと、迷っています。
 無線雑誌の表紙にしようか、SF雑誌の表紙にしようか、それともクラークさんの本にしようか・・・などと。

↓↓↓↓↓

 

オロモルフ号の航宙日誌7376『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月31日(金)17時01分1秒
  ▼桃の花

 玄関の箒桃の蕾が一つだけ開きました。
 やっとです。
 病気でやられた牡丹は、猛烈に薬を撒いたら
なんとか立ち直ったようです。
 植木鉢の鬼柚は枯れてしまいました。
 植木鉢は年に一度は土を変えないといけない
ようですが、とてもそんな元気は有りません。

▼森友の幼稚園の後継

 長女が継ぐとして、コメントがテレビに出ていましたが、まるで弁護士が書いたような文章ですね。

▼北朝鮮問題

 ものすごく深刻になってきましたね。
 朝鮮戦争の時のような不法移民を入れないように頑張るべきです。
 野党は呑気過ぎます。
 

金正男と金玉均

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 3月31日(金)08時08分15秒
  金正男と思われる遺体が北朝鮮に移送されることが、マレーシア政府との間で合意されたようです。北朝鮮当局が遺体の帰還にこだわったのは、確かに金正男であることを確認するとともに、他の幹部への見せしめにするためでしょう。金正男は中国の後押しによって、金正恩に代わって政権を奪取するとの噂がありました。これが真実かどうかはともかく、金正恩はそれを警戒し、今回の暗殺に至ったのでしょう。

となると、遺体にどのような辱めが加えられるのかが心配です。

この件で思い起こされるのは、金玉均の甲申事変です。1884年、日本の明治維新に倣った政治改革を目的に、当時の朝鮮の開化派である金玉均はクーデターを起こし、守旧派の重臣を暗殺するなどして一時的に政権を奪取しました。日本の公使館も協力した事件です。しかし、閔氏が、当時朝鮮に駐留していた清国軍の出動を要請し、反撃にあってあえなく失敗。開化派やその家族、日本人居留民らが多数殺害され、金玉均は日本に亡命しました。

日本の世論は金玉均に同情的でした。この事件により、福沢諭吉は有名な『脱亜論』を発表しています。

その後、金玉均は暫く日本の有志に匿われていたのですが、1894年、上海におびき出され、朝鮮国王の刺客である洪鐘宇に暗殺されてしまいます。金玉均の遺体は朝鮮に移送された後に凌遅刑に処せられ、五体を引き裂かれたのち朝鮮各地に分割して晒されたといわれます。

凌遅刑は、生きながらにして切り裂かれる残虐な処刑方法ですが、死んでから切り裂かれたのがせめてもの救いでしょうか。金正男が同じ運命にあわないか、他人事ながら心配しています。



 

オロモルフ号の航宙日誌7375『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月29日(水)22時09分22秒
  ▼森友問題

 高原 凌さん、佐藤正和さん、高千穂遙さん、有り難うございます。
 正直、信頼出来る資料が少なすぎて、私には理解できないでいます。
 国会で真剣に議論すべき問題が他にたくさん有ることだけは感じています。
 しかしテレビでもそういう発言は無視ですね。ある番組で、そういう主張が無視されるのを見ました。
 スパイ天国、外国による土地買収を何とかしてほしいです。
 防衛費の増額もぜひ御願いします。

▼雪崩

 これは本当に気の毒です。
 せっかく高校生になって、人生の展望が開けてきたのに、死んでしまうなんて・・・。
 本人も無念だったでしょうし、育てた親もガックリでしょう。
 高校生ですから、教師の指示に従うのは当然で、それで死んでしまったのですから、気の毒としか言いようがありません。
 こうなった以上は、指導者への厳しい処罰を望みます。

▼if 22

↓↓↓↓↓

 

民進党が忖度をする。

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 3月27日(月)22時22分34秒
   証人喚問で偽証罪を問うのは、慣習のようですが、全会一致だったのですね。知りませんでした。

 今回は、籠池氏が偽証をしても、民進党、共産党が、偽証と認めない可能性が高い。それは、籠池氏がウソをつくことが、民進党、共産党の利害と一致するからです。だから、明らかな嘘をついても偽証罪にはならないと判断できたのでしょう。証拠があるわけではありませんが。

 国会議員が豊中市の小学校予定地に査察に行った際に、森友学園と野党議員が特別に会合を持ちました。それは、西田昌司議員の証人喚問の質問にもあります。野党議員が、全会一致ルールに於いて、籠池氏の偽証を問わないと保証すれば、ウソをつき放題怖いものなしになります。

 別に証拠はありませんが、状況からしてありそうに思えますし、明言がなくても民進党が忖度をするということを籠池氏が期待してもおかしくないような気がします。

 現時点では、籠池氏、民進党、共産党、菅野完氏、辻元清美氏の利害が一致しています。嘘をついた方が得な人たちが連携すれば、偽証罪は無力だということを思い知らされるのではないでしょうか。嘘をついてはいけないという、日本の美徳が崩れています。

 籠池氏にとって教育勅語は道徳というよりも、儲けの手段でしかなかったように思えてなりません。

 

オロモルフ号の航宙日誌7374『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月27日(月)16時51分32秒
  ▼桃の蕾

 やっと膨らんできました。
 うちの桃は咲くのがとても遅いです。

▼孫が心配

 昨今の森友とか姫路とかの騒動を聞きますと、孫の保育園・幼稚園が心配になります。
 上の孫が小さい時入っていた保育園で、異物が鼻の奥に入り込んだのに気づかず大変だったことがあります。
 様子が変なので耳鼻科に行ったら分かりました。
 保育園の怠慢です。園長が後で詫びに来たそうです。

▼if 21

 まもなくifも終わります。
 このあと、どうしようか、迷います。
「無線と実験」の表紙集はまだつくっていないので、作ろうかとも考えます。
 綺麗に作るのは大変ですけど・・・。

↓↓↓↓↓
 

辻本清美の名前。

 投稿者:高千穂遙  投稿日:2017年 3月27日(月)07時57分23秒
  産經と日刊スポーツが全文公開しています。産經はアパホテルなど、一部の固有名詞を伏字にしていますが、日刊スポーツはすべて掲載しています。

http://www.nikkansports.com/general/news/1797239.html
http://www.sankei.com/politics/news/170324/plt1703240049-n2.html
 

昭恵夫人のメール

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 3月26日(日)06時04分31秒
   民進党は、安倍昭恵夫人と籠池さんの奥さんとのメールの公開を要求していたのですが、その中に辻元清美氏の裏工作に関わる内容があったがために、公開に待ったを掛けたようです。

 それでもメディアは、メールの内容を手に入れて報道しいています。しかし、メディアが流す内容には、「辻元清美」という名前が出てきませんから、メディアが民進党の気持ちを忖度して、その部分は流していないのだと思います。あいかわらずの民進党だと思います。

 

オロモルフ号の航宙日誌7373『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月25日(土)12時02分6秒
  ▼Re:籠池証人喚問

高原 凌さん、佐藤正和さん、いろいろと有り難うございます。
籠池某から真実を聞き出すというよりも、与党と野党の足の引っ張り合いの場になってしまいましたね。明らかに虚言なのに、追及していません。
聞く側が一致団結していないので、どうしようもありません。
いちばん気の毒なのは、何も知らない園児たちで、マスゴミや野党政治家の苛めに遭ったといっても過言ではありません。道を塞がれて幼稚園に行けなくて30分も遅れたとか、パトカーを呼ぶ状態になってしまったとか、親が酷い目にあったとか、いろいろ言われています。
あと、菅野完ってこの事件の起こる前からインターネットであれこれ言われていた人物ですよね。

▼奥方

 総理の奥方、こういう状態になっても言うことが変ですね。
 講演で、思慮が足りなかったと反省しながらも、国のためを思ってやってきた――と述べたそうですが、分かっていませんね。
 国のために戦っている夫を陰で支えるのが、もっとも国のためになる事なのに、あちこちに出てゆくことが国のためだと思っているようです。
 周囲の人達は、この奥方が選挙に出ると言い出したら大変だと、心配しているとか。

▼if 20

↓↓↓↓↓

 

Re:Re:籠池証人喚問

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 3月25日(土)06時10分8秒
   ゴミの問題ですが、豊中のこの場所は、元々沼であり、高度経済成長期に宅地化された。そしてその時期が、産業廃棄物を土地に埋めてはならないという法律が出来る、たしか昭和45年あたり、よりも前だったということで、何が埋まっていてもおかしくない時期に相当しています。

 別件で、
 首相官邸昭恵夫人付の谷さえ子さんが回答したFAXですが、回答項目が4項目あって、詳細に回答しています。これだけの回答になる問い合わせを、籠池氏は昭恵夫人の留守電に入れた、その回答であったとしています。いくらなんでも留守電にこれだけの回答を得る要求を入れることは無理です。1項目ならわかりますが、4項目も、です。

 特に4項目めは、当事者でなければ分からない内容、無関係な第三者では理解できない内容であり、留守電で聞いてもおそらく、昭恵夫人は理解できない内容でしょう。昭恵夫人が留守電の録音をそのまま谷さえ子氏に聞かせたとしても、問い合わせ内容が伝わらないと思います。ですから、FAX回答は文書による問い合わせに対する回答だった。そして籠池氏は、その文書の存在を隠している。この点は、偽証にあたるのではないでしょうか。

足が地についた議論ができてませんね。

 

オロモルフ号の航宙日誌7372『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月23日(木)13時20分30秒
  ▼看過できない保育園問題。

 姫路の保育園で、不正な方法で定員より多い園児を預かり、経費を減らすために園児に与える食事の量と質を劣化させていた問題、これこそ国会で大騒ぎしなければならない問題だと思います。
 なにしろ、公的な施設での幼児虐待なんですから!

 前から何回も言ってきましたが、安倍内閣は少子化問題への取り組みに真剣味が感じられません。愛国心そのものは感じられるのに、不思議です。
 また、日本の伝統的な家庭を守ろうとする意欲も感じられないのです。
 私は保育園を増やすよりも、伝統的な家庭を守ることが大切だと考えていますが、その事とは別に、少子化に関連する問題にもっと真剣に取り組んでほしいです。

 日本が滅びるとすれば、その要因は二つですね。
 外的要因としては、近隣国に比して少なすぎる防衛費。
 内的要因としては、少子化問題への切迫感の無さ。

▼if 19

↓↓↓↓↓
 

Re:籠池証人喚問

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 3月22日(水)22時05分17秒
  高原さん、

野党やリベラルマスコミは、無理やり安倍政権の失態に持ち込みたいようですが、どう見ても無理筋ですね。ほとんど、ギャクのようになってきました。

そもそもの問題は、国有地の払い下げ価格が異常に安かったことのはずですが、朝日新聞をはじめとするマスコミ自身が、かつて国有地を異常に安く払い下げられているので、まじめに追及する気もないようですし。

私としては、航空局の用地になぜ産業廃棄物が埋まっていたのか?に興味があるのですが、これもマスコミがまともに取り上げないところを見ると、掘り起こせない不都合な真実が埋まっているような気がします。
 

オロモルフ号の航宙日誌7371『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月21日(火)12時19分34秒
  ▼文字化け

 私のパソコンの文字化けは悪化するばかりです。
 とくにメールがダメ。
 アウトルックを使えるように業者に直して貰ったのですが、現在のものと衝突してしまうらしく、ほとんど受信できません。
 とくに古本屋関係がダメです。
 諦め状態です。

▼晩節を汚す

 石原慎太郎は晩節を汚したと思います。
 私がそう思ったのは、知事二期目に入って、皇室に対して上から目線で発言するのを聞いた時です。
 安倍総理も稲田大臣も靖國神社に対する態度がなっておらず、失望続きです。
 私は皇室と靖國神社への態度で政治家を評価することにしています。
 個々の政治問題の多くは訂正がききますが、皇室と神社は訂正がききませんから。
「今行くと中国に叱られるので後で行きます」などという言い訳が靖國大神に通じるでしょうか。

▼if 18

↓↓↓↓↓

 

籠池証人喚問

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 3月20日(月)23時30分54秒
   籠池氏の証人喚問について。私もまた聞きですが、、。。
 安倍夫人が籠池氏に会った場には、公務員のお付が複数いました(監視の目的)。この公務員全員が不正行為がなかったことを証言したので、証人喚問に進んだようです。
 つまり、証人喚問からは、何も出てこない。野党が、勝手に騒いだだけで審議時間の空費であった。そのために民進党の責任が問われる事態になることを予想しています。マスメディアは極力庇うでしょうが、、。

 どこまで真実であるか分かりませんが、公務員監視の下、次のやり取りが行われていた。

 ・籠池氏が安倍夫人に献金をしようとした。
 ・安倍夫人は受け取らなかった。
 ・籠池氏は、安倍夫人が受け取り、その分を寄付する話を作りあげた。
 ・そのために、「安倍夫人からの寄付」の話が残った。
 ・安倍夫人の寄付というのは、籠池氏の金である。

と、こんな感じでしょうか。

 野党第一党が重要広範(通常国会で重要と判断された法律案件)を要求したにも関わらず、重要広範の審議よりも籠池問題を優先したことは、責任を究明すべき問題になるような感じがします。民進党よりのメディアはその問題を流してしまうと思いますが、抗議すべきところです。

 

オロモルフ号の航宙日誌7370『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月19日(日)12時52分4秒
  ▼滑り止め

 書棚の棚板の滑り止めは、少しやったら疲れてしまって、しばらく中断していたのですが、また再開しようと、準備をすすめています。
 安価な滑り止めシートは中国製しかないので、それを買って、寸法を測って切って、棚板に貼り付けます。
 そして本を降ろして棚板を変えて、本を元に戻します。
 この本の上げ下ろしが大変で、疲れるのです。
 1年はかかります。

▼呑気

 政治家って呑気ですね。
 北朝鮮の核兵器、中国の勢力拡大と日本国土買収、韓国の混迷、米国の自国第一主義・・・と、大変な国際情勢なのに、国会はとても些末なことで大騒ぎしています。
 防衛費を3パーセントにせよ!

▼if 17

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7369『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月16日(木)23時02分26秒
  ▼人事下手

 安倍総理の人事下手は前から何度も書いていますので、今さらなのですが、やっぱり書きたくなります。
 内閣の人事だけでなく、奥方を決める人事でも???。それにしても空気の読めない奥方ですね。家庭内野党を自認して原発反対を叫んだり・・・。
 オロモルフの奥方を見習いなさい。

▼if 16

↓↓↓↓↓

 

オロモルフ号の航宙日誌7368『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月14日(火)09時59分3秒
  ▼Re:萬犬虚に吠える

 佐藤 正和さんどうも。
 私も渡部昇一さんの本はたくさん読みましたが、この本は持っていませんので、買ってみようと思います。
 渡部さんが正論を言い始めた頃は、身に危険が迫ることもしばしば有ったようですね。警官が学生に化けて身辺警護していた事もあったとか。
 たしかに、マスゴミや野党以外はだいぶ違ってきました。
 小学校も戦前のような穏やかな雰囲気になってほしいです。
 私の子供らはギスギスした雰囲気の小学校で、可哀想でした。

▼朗報

 上の孫が第一希望の大学に入ったというので、喜んでいます。
 保育園や小学校の頃は前途が厳しいと思っていましたが、母子で頑張ったからでしょう。

▼if 15

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7367『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月12日(日)20時38分43秒
  ▼悲惨な赤ん坊

 生後10ヵ月の赤ん坊が、飼い犬に噛まれて死んだとか。
 まったく気の毒でした。
 家の中で飼っている犬で、そこに赤ん坊も一緒にいたらしい。
 これは、親が拙かったですね。
 赤ん坊と動物を一緒に居させるのは、絶対噛まない動物でも危険です。
 病気が移ります。
 犬にとっても、土のある場所がいちばん健康に良いです。
 私は長い間柴犬を飼いましたが、家には上げませんでした。
 晩年になって夜中に吠えるようになったので、隣家に迷惑がかかるので、少しの間だけ家に入れましたが。
 動物病院の人も、狭い庭を見て、こういう地面に居るのが一番犬の健康に良い――と言っていました。そのせいか、内蔵が悪いにしては18年7ヵ月という長生きでした。

▼悲惨な幼稚園児

 森友学園が問題にされたとき、「園児が犠牲にならないか心配だ」と書きましたが、マスゴミが大暴れしたそうで、心配が現実になってしまいました。マスゴミの車に妨害されて幼稚園に行けなかったり、保護者に化けた取材陣が会議に入り込んだり、大変な騒ぎだったらしいですね。
 マスゴミは北のミサイルの事をもっと心配して取材してくれ――という意見がYouTubeにありましたが、そのとおりです。
 森友学園を取材するなとは言いませんが、何も知らない無邪気な幼稚園児や保護者を困らせないような配慮が必要ではないでしょうか。

▼今月のわんちゃん

↓↓↓↓↓
 

萬犬虚に吠える

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 3月12日(日)09時59分49秒
  渡部昇一さんといえば、かつての教科書問題で、朝日新聞などによる「中国への侵略」を「進出」と書き換えさせたという報道が誤報であることをいち早く指摘し、雑誌『諸君』に『萬犬虚に吠える教科書問題』という論文を発表したとで有名ですね。今回の森友学園の問題でも、似たような構図で萬犬が吠えていますが、マスコミには進歩がないようです。

渡部昇一さんの著書はいろいろ読みましたが、平成元年に発表された『日本史から見た日本人-昭和編』は私が特に感銘を受けた本です。大部分は、統帥権干犯問題を軸として、戦前の軍部がなぜ政治の実権を掌握するに至ったかを詳細かつ分かりやすく解説しており、その面でも大変勉強になったのですが、戦前の日本の軍隊や国際関係の実態が、当時学校やマスコミから伝え聞いた情報と全くかけ離れていたので、大いなる衝撃を受けました。

例えば、北清事変での日本軍の行動が模範的だったためその後の日英同盟につながったとか、南京や済南での蒋介石の北伐軍による日本人に対する暴虐、通州事件、盧溝橋事件での共産軍によると思わる挑発行為、満州国建国における溥儀の役割、などなど、戦後の教育では全く触れられることのなかった日本のロストコーズに、目から何枚も鱗が落ちる経験をしました。

この本では、戦前の国際情勢が戦後のようであったら(つまり排日移民法などが成立せず、自由貿易が保障されていたなら)統帥権干犯問題も顕在化することはなかったであろう、と述べられています。件のマッカーサーの証言も、この本で知ったような気がします。

4半世紀たって、世の中もようやくこの本に追い付いてきたかな(マスコミを除いて)、と感慨深いものがあります。


 

オロモルフ号の航宙日誌7366『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月10日(金)10時21分29秒
  ▼陣屋の写真補足

 陣屋の続きになりますが、この地は江戸時代に
竹林を利用するために人が住み着いたらしく、
今でも陣屋の庭には大きな竹林があります。
 陣屋での将棋タイトル戦は、これまでに
300回もなされたのだそうです。
写真が廊下にたくさん飾ってあります。
あと、宮本武蔵にゆかりの刀などもあります。

オロモルフの文章とかけて
立派な竹林ととく
そのココロは
孟宗竹(妄想だけ)

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7365『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月 7日(火)15時16分52秒
  ▼陣屋のお食事

 宿泊と同じ部屋をとって食事しました。
 料理はまあまあ。
 一万坪の広い庭で採れる筍や山菜の類がたくさんついていました。
 写真のような感じです。
 将棋のタイトル戦がおこなわれる有名な部屋を孫に見せようと思ったのですが、その日は宿泊客がいるとのことで、ダメでした。
 どうやら結婚式がなされているようでした。
 最近女将さんが変わって若くなり、旅館全体の雰囲気が若返って綺麗になった感じがします。
 結婚式をするようになったのも最近ではないでしょうか。

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7364『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月 5日(日)12時54分6秒
  ▼陣屋

 昨日は久しぶりに鶴巻温泉の旅館、陣屋(写真)に行って昼食しました。
 自宅からタクシーで15分です。
 上の孫が高校を卒業した記念です。
 中学高校の一貫コースでしたが、休んだのは本人の責任ではないやむをえない事情で一日だけ、という皆勤に近い六年間でした。
 穏やかな雰囲気の私立だったので、性格的に向いていたようです。イジメとか暴力行為とかいったものは全く有りませんでした。授業が終わったあとで先生と話しをするのが好きだったようです。卒業式のあとで英語の先生とカラオケに行ったとか・・・(笑)。
 陣屋のご馳走はまあまあ。
 この旅館では将棋のタイトル戦が頻繁になされているので、たくさんの写真が廊下に貼ってありました。升田幸三八段の有名な陣屋事件は、旅館のパンフレットにも書かれております(写真参照)。

▼if 14

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7363『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 3月 2日(木)11時42分56秒
  ▼日本におけるキリスト教の普及活動17

 晩年になって木村駿吉は、一種の生前葬といいますか、自分の墓石を作りましたが、完全に仏式でした。
 夫人は前に書きましたように、明治のキリスト教的な雰囲気の家庭で育った人でしたが、駿吉が没した時の葬儀は仏式でした。
 しかし、キリスト教人名事典には、木村駿吉はキリスト教徒として掲載されております。
 日本人の宗教を調べると、二億人もいることになる――と言われますが、仏教と神道に加えてキリスト教でもこういう事がありますから、当然数は増えますね。

▼連結された書棚の固有振動数の計算

 これって、可能なのでしょうか。
 私の書庫では、書棚が倒れないように、五つとか十とかの書棚を木材で連結しています。
 そこで、連結された書棚群の固有振動数が地震の振動数とどのくらい違うのかを計算したいのです。
 その昔、力学の本を引っ張り出して、ものすごく大まかに計算したことがあるのですが、もっと精密に計算したいのです。

▼if 13

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7362『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月28日(火)18時02分17秒
  ▼Re:アベノミクス

 佐藤 正和さん、興味深い話題を有り難うございます。
 マッカーサーの証言は、じつに真相をついていますね。前に渡部昇一さんが、マッカーサーの証言をNHKで特集すれば日本の精神風土もだいぶ違ってくるだろう――と言っていましたが、そのとおりですね。むろん日本のテレビ局ではやりませんけど。
 アベノミクスのグラフも、なるほどと思います。これが国民の実感ですから、国会での民進党の妄言など国民は無視して、安倍内閣の支持が続くのでしょう。
 森友学園は何年も前から有名でしたが、現在は左翼とマスゴミが学園を囲んで大騒ぎしていて園長は家に帰ることも出来ないでいるそうですね。園児が犠牲にならないように祈ります。
(森友学園の教育理念(学園のサイトから引用):先人から伝承された日本人としての礼節を尊び、それに裏打ちされた愛国心と誇りを育て、すべての子供が持っているたくましい生命力と包容力を指導者が明るい表情と態度と言葉で引き伸ばしていく教育を誠実に心を込めて実践しています。子供と父母共に人間力が高まります。)

▼日本におけるキリスト教の普及活動16

 かつて、秀吉の時代に、西欧から来たキリスト教宣教師が侵略の先兵であるという恐れがあって、キリスト教の禁止が命じられたそうで、これに対して「宣教師にはそういう気持は無かった」という説もあるようです。
 木村駿吉が活躍した明治から昭和初期の時代に、日本侵略を狙いアジア各国を植民地にした国は、すべてキリスト教国であり、秀吉らの心配は現実のものとなりました。

▼パソコンの調整

 昨日は業者に来てもらって、パソコンの調整をしてもらいました。
 問題は次の三件。
 1.パソコンにつながっている二台のスキャナーが両立しない。(一台を使えるようにするともう一台が使えなくなる)
 2.メールソフトの文字化けを解決するためのアウトルックの復活。(私がいじっているうちに使えなくなってしまったので)
 3.その業者に入れてもらったパソコンでDVDを作ろうとすると、異様に時間がかかり、途中で止まってしまうことが多い。(古いパソコンほど、短い時間でDVDへの複写が出来るという不思議な現象があります)

 来た人は三時間も四苦八苦して、ようやく1.と2.が治りました。2.については、一時は「私には無理です」と弱音を吐いていましたが、私が激励して、何とかなりました。
3.は無理でした。この業者に入れてもらったパソコンなのですが、その人はさわるのを嫌がっていました。担当者が違うのでしょう。

▼if 12

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7361『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月26日(日)10時08分32秒
  ▼日本におけるキリスト教の普及活動15

 木村駿吉は理屈っぽい性格でしたが、キリスト教に関しては、正面きって反論を展開することはなく、教会活動はしなくなり、時々エッセイに皮肉を書くようになりました。キリスト教国との壮絶な戦いを展開した後ですから、理屈をこねてもよい筈ですが、それをしなかったのは、もともと教会に行き始めた動機が、理屈ではなかったからでしょう。
 あるイギリス人に対して、「教会へ行けば西洋人から馬鹿にされなくなる」と教えられたので行くようになった――と語ったら、イギリス人は苦笑していた。
 ・・・といった話をエッセイに書いていました。
 本音に近い皮肉だと思います。

▼VX

 こういうものを積んだミサイルが日本に着弾したら、どういう被害が生じるのでしょうか。専門家の話を聞きたいです。
 撃ち落としたってVXの飛沫が飛んでくるような気がします。
 私らの世代は過ぎましたが、孫たちが心配です。

▼if 11

↓↓↓↓↓
 

アベノミクス

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 2月25日(土)14時22分34秒
  先日紹介したジャーナリストの山口敬之氏の新刊『暗闘』は、安倍さんによる官邸主導の日米・日露外交と外務省との軋轢を扱っていて興味深い書籍ですが、その中に、マッカーサーが日米戦争を日本の自衛であると認めた、有名な上院軍事外交合同委員会(1951年)での証言内容が引用されています。

以前からこの証言のことは聞いていましたが、全文を見るのは初めてなので、興味深く読みました。中でも以下の下りは印象に残ったので、ここに紹介しようと思います。

「太平洋では、我々は日本を(資源供給から)排除しました。(中略)日本の潜在的な労働力は、量的にも質的にも、私が知るどの国にも劣らないほど優れています。日本人はいつの頃からか、人間は何もしないでいる時よりも働いて何かを作っているときのほうが幸せだということ、すなわち労働の尊厳とでもいうようなものを発見したのです。この膨大な労働力の存在があるということは、日本人には何か働くための対象が必要であるということを意味しました。彼らは工場を建設し、労働力がありましたが、原材料がありませんでした。(中略)これらの供給が断たれた場合には、1000万人から1200万人の失業者が生まれる恐れがありました。」

日本人は労働を救済への道と考えているので、今も昔も、日本人にとって失業は重大な問題です。

添付の図は、村上尚己氏のコラムからの引用ですが、日本の失業率と自殺者数が、第2次安倍政権がはじまってから急速に低下したことを示しています。マスコミは物価上昇目標が達成されないことをもって、アベノミクスは限界だと盛んに喧伝していますが、自殺者数の減少はこれ以上ない国民の福利水準の指標でしょう。すなわち、アベノミクスの金融緩和策は結果的に効果を発揮しているのです。マスコミはこうしたことは一切触れずに、今日もどうでもよいような小学校の話で安倍さん足を引っ張ることには熱心ですが。

日経平均株価は安倍政権が発足する前から上がり始め、いまでは民主党政権時代の倍以上になっていますが、マスコミと違って株価の動きはアベノミクスの成果を正しく予見していたと言えるでしょう。トランプ政権下でのニューヨークダウも急速に上昇していますが、これも、トランプの政策によるアメリカの好景気(いまでも悪くはないですが)を予見しているように思えます。



 

オロモルフ号の航宙日誌7360『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月22日(水)10時53分41秒
  ▼Re:Re:森林用ロボット開発が急務

 高原 凌さん、資料を有り難うございます。
 林業従事者が減っているという話は聞いていましたが、こういうグラフを見ると、それが実感されます。
 終わりの方で少し増えているようで、多少の明るさは感じますね。
 しかし根本原因は少子化なので、Aの分野で努力して人を集めると、Bの分野で減ることになり、厳しいと思います。YouTubeでも、日本贔屓の外国人が、日本の少子化を心配してくれていました。
 林業の大切さは、テレビでも時々言っていて、協力しようという若者もいるようですね。
 私の父は長野県の林業の村で生まれたので、現在でも多少の関係は有るのですが、最近ではとても遠方の県から働きに来る人がいるようです。
 その村は、昔は、半分くらいが私と同じ名字で、あとの半分がkというもう一つの名字で、要するに村全体が二つの名字だけだったのですが、現在ではたくさんの名字があり、別の世界になったようです。

▼暗殺

 暗殺の話をテレビが盛んにしていますが、自主的な取材は無いようですね。外国の報道を写しているだけのように見えます。日本の取材のプロはどこへ行ったのでしょうか。
 落胆することが多いです。

▼if 10

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7359『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月20日(月)10時40分15秒
  ▼ある筈が無い

 国会図書館のサイトを検索すると、収蔵されている事になっている本が、実際に複写を依頼すると「行方不明で複写不可能」という返事が来ることがあります。
 この数ヶ月に三冊もそれがありました。どれも、古書カタログに出ると、金持ち以外にはとても買えない値段がつく本です。
 なぜ行方不明なのか、容易に推察出来ます。

▼日本におけるキリスト教の普及活動14

 海軍無電の開発の初期段階においては、逓信省の松代松之助が奮闘しましたが、海軍士官木村浩吉の紹介で木村駿吉が加わってからは、次第に開発の中心は駿吉になり、研究から製造から設置まで、獅子奮迅の活躍をして、日露戦争にかろうじて間に合わせました。
 これが日本海軍の重要な戦力となって、ロシア艦隊を撃破したのは有名な話です。
 とくに有名なのが日本海海戦ですが、そのずっと前から無電が使われていて、卓効がありました。
 日本軍はかろうじてロシアの大軍を追い払うことに成功しますが、この日露戦争のあとになると、木村駿吉のキリスト教への言及は大きく変化します。

▼if 09

↓↓↓↓↓
 

Re:森林用ロボット開発が急務

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 2月20日(月)09時17分6秒
   間伐されないで放置されている線香林(線香のように細い森林)が多いことが危惧されます。根を張らないので山崩れを起しやすいらしい。
 「ビール瓶の太さになる前に枝打ちをせよ」という話を岐阜県の林業関係者から聞いたことがあります。枝打ちをしておくと柱にしたときに節(フシ)が表面に出ないので高値で売れるのだそうです。
 木の幹を囲み、回りながら枝をはらう、枝打ちロボットがあるということも聞いたことがあります。間伐を行うロボットができれば省力化が図れると思います。

 林業従事者は若年化してきています(上の図)。平成22年では、老齢化率(65歳以上の従事者)が21%に低下してきている一方、35歳以下の若年者率が18%に上がっています。 今年6月に発表される新しい林業白書では平成27年の状況が分かると思いますが、老齢化率と若年者率が逆転しているかもしれません。

 緑の雇用という制度で林業従事者を増やしており、効果が表れています(下の図)。そして、大手建設業者を含めて、国産木材を積極的に使用するようになりました。建築基準法の改正でCLTという集成材を利用することが出来るようになりますので、国産のスギ、ヒノキの利用が拡大されると思います。

 林業の未来は、思ったよりも明るいのではないかと思います。

 

オロモルフ号の航宙日誌7358『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月17日(金)17時03分57秒
  ▼森林用ロボット開発が急務

 ロボット学者がテレビで宣伝していた緊急用ロボットが、原子炉の事故の時に何の役にも立たなかったと分かりました。
 テレビで宣伝すると役所からお金がもらえる事は知っていますが、それにしてもレベル低いです。
 私がいまロボット学者に言いたいのは、森林用ロボットの開発です。
 日本の森は人手不足で危機的ですので・・・。
 緊急事態用よりはずっと製造がやさしい筈です。

▼if 08

↓↓↓↓↓

 

オロモルフ号の航宙日誌7357『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月14日(火)14時35分4秒
  ▼Re:建国記念の日奉祝式典他

 高原 凌さん、いつも活発な活動で、頼もしいです。
 長谷川幸洋さんのことは、YouTubeにたくさん出ているので、あれこれと読みました。
 最近は、まっとうな意見を述べる人が増えたようで、有りがたいです。
 慰安婦問題の日韓合意って、安倍政権内にも、反対が多かったそうですね。青山繁晴さんがそう言っていました。
 それを押し切ったのはアメリカから圧力を受けての外交的配慮だったのでしょうが、心配した通りになりましたね。
 安倍さんは「しまった」と思っているのでしょう。現在の韓国への徹底無視は、安倍さんの後悔の現れだと思います。
 おそらく安倍さんは、トランプとの会談の中で、内密にこの問題に触れたと思います。
 それにしてもこれまでのケネディ駐日大使は能天気だったと思います。日韓合意が成立したと錯覚してはしゃいでいたそうですから・・・。

▼台湾への修学旅行

 公益財団法人全国修学旅行研究協会によると、高校生の海外修学旅行の行く先として、昨年は台湾が一位になったのだそうですね。

 1位:台湾(3万6,356人、224校)
 2位:アメリカ(3万6,170人、249校)
 3位:シンガポール(2万792人、147校)
 4位:オーストラリア(1万7,527人、116校)
 5位:マレーシア(1万6,572人、117校)

 一頃は、韓国に連れて行って生徒に無理矢理昔の事を詫びさせている――という批判が有りましたが。

▼if 07

↓↓↓↓↓
 

Re:Re:山口敬之

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 2月12日(日)14時14分3秒
   MXTVの「ニュース女子」のMC長谷川幸洋氏と東京新聞の間で問題が起きているようです。長谷川幸洋氏は東京新聞の論説副主幹ですが、ニュース女子の報道について、サヨクから東京新聞に圧力があったようで、他局の放送内容について東京新聞が謝罪したということのようです。(下記URL)

 1970年頃、左派内で「自己批判せよ!」という自由や民主主義を否定して圧力を掛ける行動がありましたが(当時のSFにもあります)、東京新聞はサヨクのルールに従って「自己批判」させられたようです。

 元TBSの山口敬之氏もそうですが、長谷川幸洋氏も気骨があります、面白系ですが。メディア内でも、左派的ではない意見を持つ人が増えているように思います。

 先月、NHKから取材を受け、改憲に関する意見や動向を聞かれました。NHK局内は護憲世論が強いので、どこを突かれてもよいように取材はきちんと行なっていると言ってました。私のような下っ端にわざわざ取材に来るのは、「きちんとした取材」の実践だと思います。

 放送法遵守を求める視聴者の会によると、昨年5月2日のクローズアップ現代(NHK)は、改憲、護憲の報道時間が全く同じだったそうです。このことを百田尚樹氏が高く評価をしています。同会の方から聞いた話ですが、最近、NHKで賛否両論を全く同じ時間で報道したところ、NHKに「偏向している」との抗議が来たのだそうです。サヨクのあせりを感じます。

 メディアは少しずつ変わってきているのではないかと思います。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50947

 

建国記念の日奉祝式典

 投稿者:高原 凌  投稿日:2017年 2月12日(日)13時17分5秒
   鎌倉商工会議所で建国記念の日奉祝式典を行いました。産経新聞にも告知記事が掲載されたこともあり、多くの方にお集まりいただき盛会でした。橿原神宮遥拝、紀元節合唱、聖寿万歳が揃った式典を続けていくことは大切なのだと思います。

 記念講演は、月刊誌「will」や「Hanada」で良く読まれている山岡鉄秀氏でした。注目される若手の論客であり、豪州における慰安婦像設置反対運動のリーダーです。
 今、韓国政府が履行しないことで話題となって日韓合意についてですが、合意文(英文)は、とんでもない内容であることを指摘されていました。それは、当時の日本政府が慰安婦を性奴隷にしたとしか読めない英文として書かれ、現日本政府がそれを認めたことになっているということです。

 山本鉄秀氏は、青山繁晴参議院議員と同じく、日韓合意については現在も反対しています。

 会後の懇親会において山本鉄秀氏は、こと、外交文書に限って言えば、日本文を英文に訳すのではなく、まず、英文で作成して諸外国から誤解を持たれない文章にした上で、それを日本文に翻訳すべきではないかと言われてました。なるほどと思います。

 

オロモルフ号の航宙日誌7356『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月11日(土)18時01分23秒
  ▼同人誌発送

 私が編纂しているSFファンジンの第146号の発送が本日終了しました。
 遅くとも数日中には会員に届くと思います。
 ほっとしています。

↓↓↓↓↓
 

オロモルフ号の航宙日誌7355『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月11日(土)13時36分21秒
  ▼奉祝 紀元節

 小学生時代、この日学校に行くと、校庭に全員集まって、校長先生のお話を聞いて、お菓子を頂いて帰りました。
 懐かしい想い出です。
 いまの義務教育では、ただ単に休むだけのようですね。
 人心が荒廃するのは当然です。
 

オロモルフ号の航宙日誌7354『世相家事雑感』

 投稿者:オロモルフ  投稿日:2017年 2月 9日(木)17時15分26秒
  ▼Re:山口敬之

 佐藤 正和さん、情報を有り難うございます。
 TBSにもそんな骨のある人がいたのですか。知りませんでした。
 それにしても、ひどい仕打ちですね。
 国籍は日本かも知れませんが、精神は反日外国人という人がテレビ局にはいっぱい居るようですね。
 山口さんには言論の場で頑張ってほしいです。

▼Re:トランプさん

 ふつうは選挙公約を守らないといって文句言われるのが政治家ですが、トランプさんは公約どおりにすると文句言われるのですね。
 テレビで、反トランプで大暴れする民衆が映っていましたが、韓国みたいですね。理屈で反論せずに暴れる人たち!

▼if 06

↓↓↓↓↓


 

山口敬之

 投稿者:佐藤 正和メール  投稿日:2017年 2月 7日(火)18時31分50秒
  石原先生も書かれていたように、日本の報道は一般にトランプへの悪意に満ちています。しかし、山口敬之さんという、わりに公平な観点でトランプ政権について解説しているジャーナリストを最近目にして、興味を惹かれました。

山口さんは、TBS出身のフリージャーナリストなのですが、あのTBSにこんな非パヨクな人がいたのかと、またびっくりです。

ちょっと調べてみると、2015年に、ベトナム戦争当時の韓国軍慰安所の存在を指摘するアメリカの公文書を発見し、TBSで報道しようとしたが認められず、後に週刊文書に発表したあの人だというのがわかりました。山口さんはこれがもとで、営業部に転出となり(報復人事と言われています)その後 TBS を退社してフリーになったとのことです。最近は、安部首相の本も書いています。

ちょっと応援したくなる、ジャーナリストですね。


 

/137