投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ありがとうございました

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月26日(水)23時08分9秒
編集済
  あやべさん、ありがとうございました。

上七軒の芸妓さん、「勝奈」さんとお越しいただき、嬉しかったです。楽屋お見舞いも恐縮です。芸妓さんとのツーショットを載せさせていただきます。

明日は千穐楽!もう一日楽しんで丁寧につとめたいと思います。
 

涙、涙。

 投稿者:あやべ  投稿日:2017年 7月26日(水)22時23分26秒
  先日、大阪松竹座で楽しみにしていた、盟三五大切を観劇して来ました。
久しぶりに、これぞ歌舞伎というに相応しい芝居を観せて頂きました。
私自身、言葉にするのが勿体ない様な感動を受けました。今回は京都でこれから芸妓として沢山の勉強をしていく立場の若い芸妓さんに、歌舞伎の素晴らしさや、凄さ、役者さん達の姿勢などを少しでも勉強して欲しいと思い連れて行きましたが、こんなに勉強になった舞台を観たのは初めてですと涙ながしながら感謝してくれました。
今回は、観劇前に嶋之亟さんの楽屋に突然おじゃまし、おくろ役の嶋さんの大事な道具である赤ちゃんの人形を見せて頂いたりして、本番前のお忙しい時間にも拘らず楽しいひと時を過ごさせていただき、本当にありがとうございました。
明日は千穐楽、もう一日お客さんに感動をあたえてください。
 

今月の役の写真です。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月24日(月)01時06分8秒
  今月の夜の部『盟三五大切』の里親「おくろ」の写真です。前回とは違う感じで撮ってみました。
 

頑張ります!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月17日(月)22時59分27秒
  すみよしさん、ありがとうございます。

今回は前回に比べて人物や状況の掘り下げが、自分なりに少し深まったような気がしています。

具体的に知り合いの方をモデルとした人物造形もしっくりきています。赤子にお乳を上げている人物ですが、前回よりも年齢の感覚は高くしていますね。感じていただいてありがたいです。役作りに正解は一つではありませんので、次があれば、また変わるかもしれません。いつも適格なご意見をいただき感謝しています。

本当に役者はお客様に見ていただいてこそですね。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

全く夏バテはしていないです。頑張ります!
 

嬉しいです!

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月17日(月)22時48分3秒
  きなこさん、ありがとうございました。

存分に楽しんでいただけたようですね。

今回演出助手を担当された、友人のMさんともお稽古中に、飲みながら話し合いましたが、彼はこの『盟三五大切』は四世鶴屋南北の作品の中で一番まとまっているかもしれないと言っていました。私は必ずしも納得はしていないのですが、そうかもしれないなと思うことがあります。

現代と違い娯楽の少なかった江戸時代に上演されていた通し狂言は、いずれも時間の長いものばかりですが、その中でも鶴屋南北の作品は「綯い交ぜ(ないまぜ)」という手法が特徴的です。全く別の物語を、織物のように入り組ませたスタイルで、面白いと同時に、限られた時間の中での上演方式の現代では、カットをする演出家泣かせの手法です。一つのストーリーを大事に描いていくと、もう一つの物語は切れ切れとなってしまい、ご観劇後のお客様に戸惑いの心持ちを残してしまうという難点といってもいいかと思います。

さあ、ご覧になられたお客様、今回の作品は如何だったでしょうか。

何故、四世鶴屋南北は「綯い交ぜ(ないまぜ)」という手法で作品を書いたのでしょうか?

学者先生のどなたも仰っていない、私の勝手な考えはこうです。
江戸時代のお客様がご覧になった後、ストーリーが全部納得いかなくて、もう一度見てみようという気持ちにさせるための、興行的な観点からの手法だったのはないでしょうか。如何でしょうか?

きなこさん。声をお褒め頂き嬉しいです!

学生時代はボート部のコックスで、そして現在はカラオケでトレーニングしています。八月末には東京神楽坂で清元の浴衣会に出る予定です。

 

15日夜拝見

 投稿者:すみよし  投稿日:2017年 7月17日(月)22時23分10秒
  友人たちと15日拝見しました。皆 バラバラの席でしたがわたしは二階四列花道の上でしたので見やすかったです。
前回とどこが違うのか探そうとも思いましたがそんなことは忘れて舞台に夢中でした。
無関係な善良な人まで殺されてしまう、怖いお話
陰惨で青白い炎が見えるような仁左衛門さまでした。
嶋之亟さまはほっとする場面で出て来られて殺されてしまいますが 手応えがおありなんですね。おくろの人となりが見えるようでした。
以前、拝見した時におくろはもう少し若いんじゃないか、と思ったんですが今回は30前後に見えました(間違ってたらすみません)
舞台写真のこと、先に読んでなくて手に入りませんでしたが楽日にも参りますので是非 購入したいと思います。
夏バテなさらないようにお気をつけて下さいませ
 

素敵でした

 投稿者:きなこ  投稿日:2017年 7月17日(月)17時50分53秒
  先ほど、興奮冷めやらぬレポートをしてくれたあんこさんにお誘いいただき
「盟三五大切」を拝見いたしました。

そこそこの期間、歌舞伎は見て来ていますが、
実は私、この演目は初めてなんです。
歌舞伎の先輩方が話題にするたびに、どんなお芝居かな?と
興味津々でしたが、
よかったぁ。
名作をしかも仁左さまで見ることができて!!


そしてそして、嶋さまがとっても素敵でした。
あんな長い場面に、しかもたくさんセリフがあり、見せどころがありで
きっと楽しんではるやろな、と思いましたら、案の定(笑)。
あんこさんへのお返事に「とても楽しい」と
書いてますね。

暑さはこれからが本番かもしれません。
お体に気をつけて、もうひと踏ん張り楽しく頑張ってください。

追記
嶋さまの声の良いことったら!今回改めて感じました。
喉も大切に。


 

ありがとうございました。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月17日(月)11時30分52秒
  あんこさん、ありがとうございました。

とっても嬉しいです!

今回のお芝居、決して明るい内容ではないし、私の演じている役も、悲惨な運命をたどるのですが、なぜかとても楽しいのです。

とっても不思議な感覚です。

お客様の拍手も、熱いですし、普段感じることのない、独特の高揚感があります。

本当にありがとうございました!
 

嬉しかったです。

 投稿者:あんこメール  投稿日:2017年 7月17日(月)07時59分4秒
編集済
  15日の夜の部。
予定通りいかせてもらいました。
「盟三五大切」の里親「おくろ」を堪能いたしました。
嶋さま、素敵です。(*´艸`*)

きなこさんと二人大きな声で、「もうすぐ、もうすぐ。」と、待ちきれなかったです。

狂言のこのような形。
私は前回にも このような作品を拝見しましたが、歌舞伎とは、本当に奥が深いものだなあと改めて思いました。

にざさまも良かった。
もちろん、染五郎さんも良かった。
松也さんもいいし。
壱太郎さんも、大好き。

でも、今回はずっとずっと嶋さまに舞台でお目にかかれるのを楽しみにしていましたので、特別な回になりました。
それが、とても嬉しく楽しみにできました。
ありがとうございました。

暑い折の長丁場。
どうぞお身体ご自愛くださいませ。
また、舞台でお目にかかれるのを楽しみにしております。

ありがとうございました。
 

ありがとうございます

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年 7月15日(土)11時30分18秒
  きなこさん、ありがとうございます。

どうぞよろしくお願いいたします。
 

/47