投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


いつもお世話をお掛けします

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年11月21日(火)10時08分9秒
編集済
  橋本様、いつもありがとうございます。カレンダー製作、発送、本当にお世話様でした。

劇場、そして囲む会で、皆様にお会いするのを楽しみにしています。

今日の舞台も頑張ります!
 

会員の皆さまへ

 投稿者:墨染会事務局 橋本  投稿日:2017年11月20日(月)20時17分14秒
編集済
   いつも温かいご支援・ご後援をいただきましてありがとうございます。厚くお礼申しあげます。
 本日、「瓦版第26号」(会報通算第81号)を発送させていただきました。
 第26号は、カラー16ページ構成です。
  1~3ページは、「ご挨拶」です。同封いたしました2018カレンダーの写真の説明も掲載しております。
 3~14ページは、「瓦版特別企画」で,「エビソードで綴る私の好きな役(第3回)『ひらかな盛衰記・神崎屋』「梅が枝」」の関連記事を特集しております。
 15~16ページは,「嶋之亟丈・歩みの記録」と「これからの予定」を掲載しています。
 12月15日には,恒例の京都囲む会を開催します。詳細は瓦版をご覧くださいますようお願いいたします。
 引き続き、会員の皆さまの変わらぬご贔屓をよろしくお願い申しあげます。また、嶋之亟丈をご支援くださいます新入会員さまのご紹介をお待ち申しております。
 

まねき

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年11月 9日(木)23時17分7秒
編集済
  来月、ロームシアター京都で行われる顔見世興行のまねき書きの写真が届きました。

右の端に私の名前があります。

他の劇場に出演する可能性があったのですが、京都行は決まったようです。まだ役は決まっていませんが、近々わかると思います。
 

嬉しいです

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年11月 4日(土)23時54分7秒
  さいとうさん、立て続けに見ていただき嬉しいです。

色々な役柄に挑戦できて役者冥利です。

来月はどんな役が来るか楽しみです。
 

歌舞伎座・昼の部

 投稿者:さいとう  投稿日:2017年11月 4日(土)06時43分52秒
  昨日(3日)、歌舞伎座の昼の部を観ました。
『袖萩祭文』の幕開けに嶋さま演じる腰元「松ヶ枝」がご登場。
先月は機織りをされていたと思ったら、今月は腰元、いえいえお姫様にも長屋の女房にも、
なんにでもなれる、役者さんならではの醍醐味ですね。
季節柄、どうぞご自愛のうえお務めください。
 

11月歌舞伎座初日

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年11月 1日(水)09時22分15秒
  今日は11月歌舞伎座の初日。

昼の部の2番目、『奥州安達原・環宮明御殿の場』の幕開きの腰元です。幕開きの腰元は短い時間ですが、そのあとのお芝居の流れを物語る大事なセリフを話していることが多いのです。今月もその「筋売り」の台詞です。お聞き逃しなく。

皆様歌舞伎にお越しください。
 

ありがとうございました。

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年10月29日(日)23時41分58秒
編集済
  さいとうさん、ありがとうございました。

「のどかな雰囲気の幕開けで、通し狂言の中でのいいアクセント」ってとても嬉しいコメントですね。

悪のドラマの中で、スパイスの役割を果たせたかな、と励みになります。
 

今月の国立劇場

 投稿者:さいとう  投稿日:2017年10月29日(日)19時36分2秒
  『霊験亀山鉾』、面白かったです! 21日に観ました。
嶋さまご登場の場面は、のどかな雰囲気の幕開けで、通し狂言の中でのいいアクセントとなっていましたね。
そして、仁左衛門丈の悪の色気にゾクゾクしました。
お疲れ様でございました。
 

今日は国立大劇場の千穐楽

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年10月27日(金)21時11分19秒
  今日国立大劇場『霊験亀山鉾』の千穐楽を無事に迎えることが出来ました。

ひと月つとめた機織り、楽しかったです。その体感を創作に活かせたらな、と考えています。

墨染会からいただいた胡蝶蘭、全く花も落ちず、あまりにも綺麗なままなので、自宅に持ち帰りました。ありがとうございました。
 

やはりそうだったんですね

 投稿者:片岡嶋之亟  投稿日:2017年10月12日(木)22時15分29秒
   中西由里さま、ありがとうございます。やはり中西真一郎さんの奥様でしたか。真一郎さん、中西君は乙訓中学校(現勝山中学校)の3年生の時に同級生でした。私が前期の級長、後期が真ちゃんでした。今は墨染会の会員さんとして応援していただいています。本当に不思議なご縁ですね。

 現在の中西さんは、先斗町の歌舞練場から数軒南に下がった『ウォッカバーナカニシ』のオーナーさんです。昨年の先斗町顔見世の時もお店に何回か伺いました。元々南座の北にあるロシア料理『キエフ』(加藤登紀子さんのお父様が作られたお店)の店長さんでしたが、先斗町に世界中のウォッカを集めたお店を開かれました。キエフ名物の美味しいピロシキもお店で食べられます。

 キエフの店長さん時代に、墨染会の囲む会をキエフで開かせていただいたこともあり、古くからの墨染会の会員さんとしてサポートしていただいています。もちろん店内には私のカレンダーも飾っていただいています。

 中学校時代、お母さまには日頃から何度もお会いしていますし、奥様のお噂も中西君から伺っています。是非楽屋や囲む会でお目にかかりたいと思っています。


 

/50