teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. Ecke(3)
  2. 足跡(0)
  3. ――(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


変人‐乙女

 投稿者:iz  投稿日:2017年 9月 5日(火)15時02分46秒
編集済
 
貢 烈菜 Retsuna Tsugumi

        /17歳/女学生


[容姿]
髪は黒髪で、癖がなく背中までの長さ。
色白な肌と、華奢な身体つき。
瞳は黒く大きく、やや切れ長。
派手ではないものの整った顔立ち。
年相応の発達具合。

外では黒地に白タイのセーラー服、
家では黒の着物に羽織などを纏っている。


[嗜好]
美しいものを広く好む。
趣味は蝶の標本作り。
蟲への抵抗が皆無なため、幼虫から育てることも。

自室はコレクションルームと化しており、
ありとあらゆる「美しいもの」が飾られている。
あくまで主観なので、傍目からは悍ましいものも存在する。
他人に何と言われようが気にしない精神のよう。


[背景]
実家は江戸時代から続くそれなりの名家。
古きを重んじ家のものは皆和装。
それ故彼女自身もやや時代錯誤で我儘な一面がある。


[家宝]
彼女の誕生を祝い造られた宝刀。
銘は「齎賀右月」
  Seiga Ugetsu
良いことを齎すように、との意味合いをもつ。
二尺三寸、重花丁子の刃紋に、黒染め漆の鞘。
赤地に金刺繍の下緒もついて絢爛たる拵。

―裏―

「砕賀左月」
Saiga Sagetsu

良いことを砕く劣物。
正しい銘はこちらだとされている。
後継者争いに敗れた分家の当主が造らせたという刀。
それを耳にしながらも、あくまで宝刀として祀っているらしい。


/参考イメージとしてお借りしました。ごめんなさい。。

 
 

s t a r d u s t

 投稿者:iz  投稿日:2017年 8月 8日(火)19時05分37秒
編集済
 
出麻 挂依  ―Kei Izuma


身長:159㎝
体重:44㎏
年齢:不詳

―――――――――――――――――――――――――――――――
[ 容姿 ]

ショートの黒髪に色白な肌。
顔半分を覆い隠すヘンテコな面。

濃紺のPコート、ショート丈のパンツ。
双脚にはニーハイを履く痛い子なんです。
首には年中紺碧色のマフラーを巻いています。
物足りない身長は厚底ブーツで若干盛り気味。

――――――――――――

[ 性格 ]

気まぐれで風来坊。
十代半ばほどに見えるものの、家族構成は不明。
「あっ、でもお兄ちゃんがいる… という夢を見た」
…大抵の問答にはその場で思いついたままを喋る。
加えて人をおちょくることが大好きなのでたちが悪い。

☆ ―☆ ―


[ 嫌いなもの ]

何でもかんでも理屈で考える人。
冗談が通じない人。
誕生日に欲しいものは?って聞かれて「金」と答える子供。


―――――――――――――――――――――――――――――――

[ 持ち物 ]

―鎌
 外見に加え武器が痛さに拍車をかける例。

―身分証明書
 コートのポケットに突っ込んである。
 写真は切って貼り付けた。
 何に使えるのかは不明。




[ 武器 ]

漆黒の大鎌。
多少複雑な形状の刃が特徴。
敢えて例えるならば、大と小の二等辺三角形を横に倒してくっつけたような形。
結構大きめで持ち主の身長を超える長さ。

そのまま持ち歩いていては御用となる。
そのくらいは幾ら鳥頭呼ばわりされようともわかります。
ではどのようにして持ち運ぶのか?
聞いて驚くことなかれ、縮みます。ボールペンサイズまで。
普段は趣味の悪いキーホルダーとなっているんです。

何故縮むんですか?
何故でしょう、かねえ…。

―――――――――――――――――――――――――――
[ 特技 ]―異能を自称。


「早着替え」
その名の通り。どんなに遅刻しそうな朝でも30秒以内に着替えることが出来る。

「SECOM」
ピンチに陥るとセコムを呼ぶ。

「ドリーム☆ヴぉいす」
どんな人の声もその人そっくりに真似できる。

「同情ホイホイ」
どれだけくだらない話でも情緒たっぷりに語ることで聞き手を泣かせる。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
出麻ちゃんは語りたい
――――――――――――――


―「生意気なガキと歩き煙草は滅べ!!あ、あとリア充もな!!!」

―「おい、言葉遣いに気を付けろよ…。今の私はウン十連爆死で気が立ってンだ…。
  狂化付与されたバーサーカーだと思え…。」


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
自前画像だコラァ!
 

途中

 投稿者:iz  投稿日:2017年 7月12日(水)18時18分11秒
 
辰 月玲 chén yuèlíng

     ---略称 月(yuè ユエ)



   ――――――――――
        容貌
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
髪は長く 狐の毛のような彩をしており
之もまた狐のようにつり上がった眼は 色の薄く 貝の 胡粉を塗ったような彩
身なりは 黄金の龍が這う旗袍に 靴は 黒布の布靴
顔には 面妖な 狐の面を被っている

        詳解
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生まれは中国の片田舎 更に山奥深い集落で育つ
集落とは云えど 辰一族で形成された身内集落
一族は外部との接触を断ち 独自の文化を形成してきた
一つに暗殺術 一つに隠密術
言葉も訛りが強く 身内でなければまず聞き取れない

野生動物と共に育った賜物は
恐らく3.0程あると思われる視力と 鋭敏な感覚 高い身体能力 強靭な胃袋
その代わりに学問には疎い

 

ヴぁんどまん

 投稿者:  投稿日:2017年 5月 2日(火)07時47分16秒
  《絶佳/ぜっか》


163cm-46kg
人間

《容姿》
背中に届く黒髪。
毛先は銀に染まるシルバーアッシュで、程々に巻く。
前髪は大抵ぱっつんで固定。
吊り気味の瞳にはグレーや翠のカラコンを好んで装着。
化粧はそれなりに。
元を活かして意外と薄め。


肌は白く、脂肪も筋肉も不相応だが、それなりに肺活量はある。
因みに、胸は相応に収まっている。

服装は暗色、主に黒を基調とした格好。
パーカー、ジャケット、等に
黒のショーパン、網タイツやガーターベルト、
靴はブーツかスニーカー……といった様な。
装飾は至るところに存在。
リング、ピアス、チョーカー、バングル……
格好と気分に応じてくれぐれと。


《人物》
うら若き19の専門学生。
趣味でバンドをやっているヴぁんどまん。
主にベースかボーカルを担当。
そんなんなので出歩く際には背中にベースを背負っていく。

ボーカルもやる割に多弁な方ではなく、
やや人見知り混じりな一面が垣間見えたり。
音楽関係のことには興味があるようで、お仲間は同士がほとんど。


―――――
髪の毛のイメージ画像
転用すみませッ、

 

途中

 投稿者:iz  投稿日:2017年 4月13日(木)11時49分40秒
編集済
  好色妖

[――妖魅――ヨミ―]


[容貌]
濡れ羽に映る豊かな髪。
切れ長の双眸は朱に染む硝子玉。
透き通る白皙、たおやかな身体。
御胸元には黒墨で印が刻まれる。

遊女の如き綺羅の着物を好み
男を誘惑せむとする露出の多さ。


[性根]
人を誑かし手玉に取ることに至上の喜びを感じる鬼女。
総ての欲は性と悦に直結し、
尋常ならざる強固な我欲を為す。

血沸き肉躍る刹那を貪欲に求め
肉欲、支配欲、戦闘欲。
数多の欲望槽を満たすことに心血を注ぐ。


[妖魔]
数世紀に及ぶ長寿を持て余す。
剛腕且つ鋭敏。
人外故の身体能力は常人を遥かに凌ぐ。

妖婦として高位な男達を誑かし
半世紀余りは都に跋扈、
好き放題やった結果御用となる。
警官の一人に食えない男が居たとか何とかで
以外にも大人しく牢屋に籠っているらしい。


[能力]
[魅了]
性別問わず、生物を魅了する能力。
魅了された対象はまともな判断が困難となり、
自我に関係なく彼女を好意的に捉えてしまう。
度が過ぎると傀儡の如くも自在である。
いわば禁断の惚れ薬的なあれ。

―――

 

設定途中

 投稿者:  投稿日:2017年 4月 5日(水)15時27分3秒
  名前――[]

身長:155-165cm
体重:45-55kg
種類:半竜

――――

[外見]
鎖骨ほどの黒髪に、血の気のない白皙。
顔立ちは十代の少女の様相。
膝上まで覆う長いパーカーと、
裾から除く武骨な異質――
硬い表皮に覆われた竜の尾。
足元は黒いブーツで固め。
総じて格好はモノトーンのスタイル。

[半竜]
身体つきは少女の様相。
だが一線を画するのが尾てい骨から皮膚を突き破り、
尾の様相を為した異質である。

表皮は鋼の如き硬度、
またこれだけで7kg程の重量を伴う。


 

海鳴り

 投稿者:iz  投稿日:2017年 3月25日(土)16時29分42秒
編集済
 
名前
――[―― 青波汀 ジョウバテイ―]―

種類:妖類
性別:女
身長:高くもなく低くもなく

――――――

[外見]
腰ほどに伸びた真っ黒な髪。
濡れたような、というか実際濡れている。
肌は青白くまるで血色がない。唇も瞳も青い。
かといって貧弱とは言い難い、曲線を描く身体つき。
また、うなじからは潮の匂いがするという誰得情報。

昔はそれらしい着物などを身に着けていたが、
時代の変遷と共に洋服を着るようになった。
黒のキャミソールドレス等が主だった恰好。
外見とは裏腹に、恰好には気を遣う性格らしい。
その割に重ね着とは無縁のファッションなのだが。


[性格]
自由気ままで何かにつけて束縛されることを嫌う。
やりたいときにやりたいことをやるのが信条らしく、
妖の身でありながら頻繁に人里へ訪れる。

人間は好きでも嫌いでもない。
観察対象として眺めるのは愉しいとの本人談。

女心と秋の空とはよくいったものだが、
秋の空以上に彼女の純情は移りやすく。
海鳥から人間まで幅広い相手と恋をしたとか言う。
偏りは無いが如何せん無作為。

―――――――――――――――――――

[水妖]
その身は妖の類、水に棲む水妖の一種である。
特筆すべき身体情報として、
水中でも呼吸が可能、魚並みに速く泳げる、寒さに強い、などなど。

また、妖故の長寿と身体能力を備える。
泳ぎ以外に突出したものはないが、総合的に見ても人間以上の能力。
因みに雑食であり人肉も喰らう。
だがそれをすると、
自身のイメージダウンに繋がるとか言って極力控えているそうな。

名前については、
人間に貰った「水明白砂海女」という立派な名前もあることにはあるのだが、
当人は長いと一蹴し生来の名をそのまま名乗っている。

―――――――――――――――――――――
[能力]

[――]
獲物に噛み付きそこから生気を吸い出すことができる。
吸引により一時的に身体能力・回復力などが向上し、
限界まで吸われた対象は干物状態になって絶命する。

別に生気でなくとも空腹は満たせるので滅多にやらない、
やるとしたら極端に嫌いな対象に限る。

[潮騒]
或る種の催眠。
彼女に見つめられ続けると何処からか波の音が聞こえてくる。
音を聞けば聞くほど深い催眠状態に陥り、
この状態になると様々な勝手が利く。

傀儡の如くに操ることも、
果ては相手の深層意識に侵入することも可能。
過去から現在に至る総てを透視し、
忘却したトラウマを引っ張り出したりも出来る。
嫌いな相手には覿面。

―――――――――――――――――――――――――

―――――――――――
イメージ
 

夜集徒

 投稿者:iz  投稿日:2017年 3月24日(金)23時38分49秒
編集済
 
名前
――[―楾 槐―ハンドウ エンジュ―]―

身長:167cm
体重:49㎏
年齢:二十代
―――――――

[容貌]
勝色のポニーテール。腰ほどに長い。
肌は褐色で瞳は薄い藤色。
出るところは出ていながらやや筋肉質な身体。
動きやすく、且つ身体に密着した衣類…主に黒を好む。
然程拘りは無いらしく、大抵が無地。
装飾も皆無にて洒落っ気は無い。

[身体]
常人とは似て僅かに非なる存在。
類稀な身体能力、洞察力を宿し、傷の回復が異様に早い。
所以は幼少時より父親に受けた鍛錬の成果か、
無論生来のものも兼ねるが。

また、淡藤の瞳に宿す異質。
鷹の如き視力に加え、夜目も利く。
霊体も映すとかいうが当人にしか真偽はわからない。

――――――――――――――――――――――
[武器]

[両刃剣]
ファルカタに似た形状の剣。ナイフよりやや大きいサイズ。
普段は専用の鞘に納めて腿に携える。

祖母の代より継いだ物で、革の鞘にはそれらしい跡が残り。

当人は用もないのに時折取り出しては眺めていたりする。
何でも今は遠き故郷に思いを馳せているのだとか。
こればかりは如何なる格好時でも常備、
最早御守り代わりとも謂える。

――――――――――――――――――――――

[生業]
所謂法外な諸々。
密造から暗殺まで雑多な仕事を請け負う。
法外とは云えど正義の名の下に行われる行為。
善良な人間には手を出さないのが信条。
本名を伏せ、仲間内では「冷泉/レイゼイ」と名乗る。

己の意思とは無関係な家業とも呼べる職故、
時期に沿って当人もそれに倣い。

生来の温厚な性格は内に葛藤を渦巻かせたりもするのだが
どちらにしても他に道は無かった、とのこと。

―――――――――――
[異能]

[ツヴィリング―/忌む双子]
本来なら双子として生まれる筈だった姉の魂をその身に宿している。
言葉なくして会話をすることも可能。
姉の意識は当人とは解離した状態で常に脳内に存在しており
時に妹の手助けらしいことも行ったりする。

尚、その気になれば妹の身体に憑依なども。
これに由り当人が意識を手放している間も防御らしき行動は可能。
死角がないのは最大の強み。

――――――――
ざっくりイメージ…
あくまでイメージ…です。転用失礼します

 

水落鬼

 投稿者:iz  投稿日:2017年 3月24日(金)19時30分21秒
編集済
  名前――[―蜷局 栗花落―トグロ ツイリ―]―
                 ―通称――[丸池の女鬼]

種類:水落鬼
性別:女性
年齢:御年九十歳

――――――――――

―【外見】―
腰ほどに垂れる色の抜けた髪を一つに結び。
肌は蒼白にて肢体は小柄且つ脆弱。
大きな瞳は淀んだ茶褐色、三白眼気味で目付きが悪い。
身に纏うのは薄い着物。所謂白装束。
履物は無く裸足である。


―【経緯】―
凡そ七十年前。
恋人の浮気に由って負った心の傷を癒すため、
一人で河畔へ赴いた際にうっかり足を滑らして池に転落。
真夜中であったが為に助けも来ず、哀れにもそのまま溺死。
死んでも死にきれない、強い執念は彼女を人ならざるモノへと変えてしまった。

恋人への恨みと不慮の死に対する邪念がやがて妖力となり、
本人の意思とは無関係に、鬼と呼ばれるほどの力を持つ存在になってしまった。
現在では長寿を持て余すあまり、河畔に訪れた男女を見境なく襲うことが生き甲斐になっている。


―【身体】―
死人のため呼吸はしていないし、肌も氷のように冷たい。
常時池に浸かっているため血流も滞り、万が一皮膚が裂けても殆ど出血は無し。
霊体と妖怪の狭間の存在。本人も自分が何なのかよくわかっていない。
ただ不老であり、殆ど不死のような存在なのは確か。
早く成仏したいというのが本音。


―【人物】―
死後三十年。何かにつけてマイナス思考。
生への執着も強く、一番妖力が高かった頃。
死後五十年。恨みと悲しみに囚われ続けることに疲労を覚え始める。
池に居るだけの生活にも飽きが出てくる。

そして死後七十年。現在。
既に死去した恋人への怨恨も薄れ、ただ暇を持て余す日々。
噂が立ってすっかり客足も途絶え、毎日毎日何もやることがない。

半端に妖怪のような存在になってしまったせいか成仏も出来ず。
現在では池の主として暇な生活を送っているそうな。


―――――――――――
―【使役】―
[水竜]――元池の主。
竜のように大きな銀色の魚。その鱗は持ち主を幸福にするとか云われる。
強い霊力をもった池の神様だったのに、怨霊の妖力の方が強かった。
今ではすっかり彼女の下僕と成り果て、孤独を癒す唯一の存在となっている。

性格は温厚。御年180歳。
怨霊とは云えど若い娘の色香には敵わなかったらしい。
曰く、「幾つになっても娘子はいいもんだ…」とか。

――――――――――――――――――――――
イメージ

 

影華。

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 5日(日)16時38分36秒
編集済
  影の下に咲きし華
―――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――

Darris Gautier ―ダリス・ゴーティエ



[ 容貌 ]

肌は陶器の如き白皙。
濡れたような黒髪は腰に届く長さで、旋毛近くで一つに纏めている。
右の鬢は掻き上げて後ろへ流し。
つり気味の瞳は深いミッドナイトブルー。長い睫毛に縁取られる。
鼻筋は通り、唇は薄く。
決して濃くはないが、端正な容姿で、男にも負けず劣らぬ身丈。


身に纏う黒いドレスは、前が短く後ろが長いフィッシュテールドレス。
双脚にはガーターベルトと網タイツを履き、
足元には黒ヒール。

鎧等の着用は考え中。



[ 経歴 ]

とある国で騎士として国に仕えていた。
現在ではわけあって騎士の身分を捨て、剣士を自称している。

それに応じ当時使用していたサーベルも現在は護身用のレイピアに。
何でもサーベルは持ち運ぶのが難儀だからとのこと。
レイピアは常時腰から下げている。

剣術はいわゆる西洋剣術。
戦闘の際にはサーベルを用いたいところだが、
運よく付近に武器屋があったときしか...(メタい)



[ 武器 ]

前述の通りレイピア。幅2.3㎝、全長1,2m
主に刺突用として用いられる両刃の剣。
色彩は黒燻し銀。

柄には装飾が施されており、レイピアらしい華やかなデザイン。

常備している武器は現在これだけとなる。



[ 異能 ]

冷たい魔女からの贈り物

触れたものを全て氷漬けにする氷結印。
息すらも凍るその冷気、
酸素が凍る温度まで引き下げることも可能だが
かなりの負荷がかかるのは言うまでもない。


影法師

昼間と月の晩に繰り広げられる鬼ごっこ。
鬼は影に棲む。
光に逃げれば鬼の敗け。
逃げれなければ鬼の勝ち。


―――――――――――――――――――――――――――
[ ―― ]

自分にそっくりな人間が、世界に三人はいると云う。
もしその三人が自分自身だったら。

まあそんな話。


―Marguerit Darris

―蓼代 影華

 ―氷娥


――――――――――――――――――――

―――――――


 

苑鬼

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 1日(水)16時34分39秒
編集済
 
画像バグるので別投稿
絵柄が安定しないおぬちゃんの角イメ
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 1日(水)16時20分32秒
編集済
  鬼の総統 ―苑鬼

恨みをもって死んだ人間が鬼に転じた姿。
白砂山を拠点に棲息していたため、またの名をー白砂之鬼( しらさごのおに )という。


――――――――――
来歴


鎌倉時代中期に生誕、現在では齢900程
額には象牙の如き角が二本生えており、
瞳は赤く、口は耳まで裂けているとも云われる

その身には上等な着物を纏っていることから、
付近の沖にて無念の死を遂げた姫君が鬼になったのだとされる。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
外見


若い娘の姿をしている。
鬼とは言えど外見は人と何らかわりなく、真髄はその身体能力にある。
ひとっ跳びで家屋を飛び越え、片足を踏み鳴らせば大地が轟き、
二十の馬に引かせても微動だにしない。
また、言伝が話を大きくして、
口から火を吐くとか、川の水を飲み干すとか云われている。


――――――――――――――――――
身体能力―弱点


首と胴体を完全に切り離し、頭を破壊してもまだうごく。
身体損傷から死に至ることはまず無いと言っていい。
また細菌等への耐性も強く、人がかかるような病に侵されることはない。
しかし生物であることに代わりはないので、
長期の無水、無酸素状態に於いては苦痛を感じる様子。
また、半年程は水のみで生き永らえることができる。

数少ない弱点と言えば、目を突かれるとそれなりのダメージを受ける点。
粘膜等の修復には高い回復力をもってしても時間がかかるとのこと。
また、野性動物の如く火に弱い。
火傷等は治癒可能だが、本能的に火を嫌う傾向がある。


―――――――――――――――――――――――――――――



[草案]
身投げした姫君の懐刀と思われる一振りの小太刀。
黒い漆塗りの鞘と広直刃紋の刃。

剣技は拙いため主に飛び道具として扱う傾向がある。


――――――――――
浮世


人に扮し、人里で生活を送る。

二本の角は普段表出しておらず、
瞳も薄い榛色。
歳をとらないため一ヵ所に長く滞在することはない。

旅の者を名乗り現れたという証言多数。



―――――――――――――――――――――――――――――――
(自作画像、 突っ込みは受け付けぬん)
 

その名に準え

 投稿者:  投稿日:2017年 2月24日(金)21時38分39秒
編集済
  [ 準 ]
   ―Jun― 隼

―――――――――――――――――――――――――――
性別・女
身長・161cm
体重・47㎏
年齢・現19歳

―――――――――――――――――――――――――――
<外見>

背に届く黒髪は濡羽の如く。
粗雑に束ねた儘に流し。
憂う瞳は濃紺の虹彩を映す。
切れ長の形が冷然さを漂わせ。

細身ながら筋力の備わる体躯。
黒基調で動きやすい服装を好む。
足元は黒の革靴で固定し。
着膨れを嫌うためスマートな印象。


<性格>

寡黙にて不愛想。
しかし根は実直で誠実な人間。
体質かは知れないが気配を消すのが巧い。
小動物へはもれなく博愛の姿勢。


<装備>

小振りなナイフを数本常備。
至る所に隠し持ち引き出しの詳細は不明。
腿のシースにも数多収まっているがそれ以上の投擲数。
一応武器なのでそれなりの切れ味ではある。

戦闘へは主に肉弾戦での参加。
己が身体能力を活かし、頭より体に頼って動く。


<備考>

15になる頃から各地を放浪。
風来坊ながら何とか生活をしている様子。
サバイバル術に長けるのはその所以か。

―――――――――――――――――――――――――――

イメージ――自前だと何か違う感。
 

(無題)

 投稿者:Ez  投稿日:2014年 9月27日(土)23時38分56秒
 
店舗名 /月光 ―chiaro di luna
□喫茶店 ■カフェ

オーナー /

営業時間:AM10:00~PM23:30
休業日:不定期

 

回帰

 投稿者:Ez  投稿日:2014年 8月31日(日)21時09分14秒
編集済
  〝偲ぶ想いは徒花の如し〟


擧 世 皆 濁   挙世 皆濁る中

謂 我 何 求   我何をか求むると謂う

此 何 人 哉   此れ何人ぞや

―――――――――――――――――――――――――――

名前 /檀 筱手
読み /Shinode Mayumi
CN  タン シァォショウ

性別 ―女
年齢 ―21歳
身長/体重 ―161/42

―――――――――――――――――――――――――――
<容姿>

腰上まで垂らした、柳煤竹色*の真っ直ぐな髪の毛。
瞳の色は其れよりやや暗く、いつも伏目がち。
撫肩気味の体型で線は細い方。
顔立ちはそれなりに整っているが、派手ではない。
肌は透けるように白く、何処か病弱で薄幸を思わせる雰囲気を持つ。

服装は常時と謂える程に、大体が和装。
淡藤の色無地に白の帯を締め、其の上から檳榔子染め*の絽を羽織る。
絽は封じ結びにした羽織り紐で留め。
頭部に飾る真赭*のちりめんは差し色程度に。
出歩く際には白足袋に黒捌きの下駄が概ね普段の格好となる。


<性格>

物静かで虚静恬淡。寂然静虚…との喩えも相応しいかもしれない人。
年齢の割に達観気味で、僅かな発言も意味深長なものが多い。

趣味と呼べる類は特に無く、敢えて挙げるならば夜明けの散歩程度。
物憂げな表情でぼんやりと草花を眺め歩くだけ、だが。

戦闘に関しては基本的に非戦闘員との認識で差し支えない。
稀に憤ると何かしらの行動を取るだろうが、其の身は至って虚弱。
致命傷を負えば呆気無く、当たり前のように事切れる。
身体面に至っては常人と相違無い、普通の「人」。

―――――――――――――――――――――――――――
<異能>

目立った異質は無いが異様に記憶力が良く、
一度見聞きしたことの殆どを無意識の内に覚えて忘れることが無い。

然し裏を返せばどんな出来事も忘れられないと謂うことでもあり、
幼少時は幼心に苦労を重ねた。
「いっそ総て忘れてしまえたなら」――との願いは、今だ叶わない。


<所持品>

―― 「 彩鏡 Saikyo 」と名付けられた鏡。
何らかの光を捉えると七色に煌くと謂う稀有なものである。
普通に姿見としての使用や、魔除けとしても効果があるとのこと。

―― 一振りの匕首。所謂懐刀で懐に忍ばせて持っている。
銘は無く、白鞘の質素なもので長さは六寸五分程度。
余程のことが無ければ、抜くことは無いだろうか。

―――――――――――――――――――――――――――

濁りきった世の中で、

私に「何を求めて彷徨うのか」と問う者は

一体何処の何奴なのだ。

―――――――――――――――――――――――――――
<備考>

生まれは日本、国籍も日本だが台湾人と日本人の混血の娘。
其れ故日本語と中國語も概ね話すことが出来る。
仮に移住するとしても、日常生活に於いて不便な点は何ら無い。

尚、日本語での名前の発音は「まゆみ しので」だが、
中國語での発音は「タン シァォショウ」となる。

―――――――――――――――――――――――――――

「どうぞ、好きなように呼んでください。
 ――私は、貴方が思っている通りの人間ですよ。」


( 画像転用失礼します )
 

小波千鳥

 投稿者:Ez  投稿日:2014年 6月13日(金)23時09分41秒
編集済
 
終わり良ければ、総て善しと。
だからせめて最後位、悔い無く終われるようにと。

  ――そう思いました。でも、
      其れでも、未だ確り清算出来て無いんです。
         今尚募るのは後悔ばかりで、何一つ成長出来ていないんです。

       此れじゃ、情けなくて顔向け出来ない。
           貴方達に追付きたくて藻掻き続けて、
             でも此の距離は、きっと少しも変わらない。

――――――――――――――――――――-----

名前 /湊 沚
読み /Nagisa-Minato みなと なぎさ

性別:女
身長:162.8cm
体重:42.4kg
年齢:不詳
職業:家業を継ぐとか何とか

血液型:+O
出身国:日本――北陸の方、

―――――――――――――――――――――――――――――――-----

腰に届くか如何か、極漆黒に近い紫紺の髪。
大抵後ろで一つに束ねるか、三つ編みにして編んでいる。
やや垂れ気味の瞳に宿る色彩は、明るみで煌く小金色。
夜半に至っても月光等の僅かな光を捉えればきらきらと映る。
肌は病的に並ぶ白皙。余り露出を好まないが為。
比較的華奢ではあるものの、まずまず平均的な体型と謂えるか。

格好は大体が和装か簡単な洋装。
襟元にリボンが結ばれた白の長袖ブラウスに、濃紺のハイウエストスカートを穿く。
此の場合の履物は黒のレザーブーツか白のパンプス。黒タイツも併用。

和装の時は淡い色合いの着物等。
淡青か、紫か。季節にも依るが大体草花か流水の文様。
薄紅の帯には銀白の千鳥が遊ぶ。帯留めに用いるのは銀で桜や六花を模した様々。
重ねて濃紺の絽を羽織ることもある。
履物は主に下駄で、駒下駄だったり右近下駄だったり気分次第。

一貫しての装飾は、右手首に光る翡翠と桜石の数珠。――母の手製ブレスレット。
入浴時も就寝時も、常時身に付けて片時も外すことが無い。

―――――――――――――――――――――――――――――――-----

基本的に穏やかな性格。物腰柔らかで、冷静沈着。
一人称は「私」で固定。二人称は「貴方」や、時に「君」。三人称は「彼の人」。
身内や極親しい者に対しても敬語を崩すことは無い。

確り者だが自信の無さから消極的で、思考も暗い方向へ向かいがち。――が、基本。
思い詰め過ぎると二重人格かと錯覚する程に人柄が変わる。詰まり、吹っ切れる。
自分で悩んで自分で解決に至るという或る意味手間が掛からない人。
然し言動が荒くなったりするのでちょっと怖い(ry

趣味は読書全般と散歩。書物を与えれば何時間でも無言で読み耽る。
散歩は月夜の晩や穏やかな昼下がりに多い。
然し本人曰く、雨の降る日も深々と雪の降る日も嫌いではないそうな。
風の向くまま気の向くまま。何か素敵な出逢いは無いかしら、とのんびり歩いている。

―――――――――――――――――――――――――――――――-----

時が癒してくれないことだって在るんです。
思い詰め過ぎて思考放棄したこと、有るでしょう。
何時までも清算出来ないままで良いんですか?
このままじゃ貴方、一生過去に縛られて生きていかなくちゃならなくなりますよ。

お節介だとか余計なお世話だとか、
別に貴方のことを思って云ってるんじゃありません。
私は貴方が何時までもうじうじしてるのがうざったくてならないんです。

世界なんて存外狭いんだから、
さっさと清算して、早く楽になってくださいよ。

―――――――――――――――――――――――――――――――-----

「…今日も善き日で御座いました。さて、明日は何方へ参りましょう?」

「祖母が斯うして編んでくれたんです。
 好い加減切れって云いながら、でも、楽しそうに。」

――――――――――――――――――――――------
転用失礼します、飽く迄イメージ。

 

レンタル掲示板
/1